母子家庭でよくある偏見6つ

母子家庭ですと、様々な偏見があり、嫌な思いをしている人は多いでしょう。

そこで今回は、母子家庭でよくある偏見6つについてお話ししていきます。

 

母子家庭でよくある偏見

性格がサバサバしてそう

母子家庭でよくある偏見として、

  • 性格がサバサバしてそう

というのはよくありますね。

母子家庭のお母さんは、子供をひとりで育てる決断をして、実際にそれを実行しているので、サバサバした性格だと思われることが多いです。

 

ただし実際は、そんなことはありません。

むしろネガティブでよく落ち込んだり、小さなことで悩んだりしながらも、何とか前向きに子供を育てながら生活しているお母さんの方が圧倒的に多いでしょう。

なので、母子家庭のお母さんサバサバした性格に見えるのだとしたら、そのように周囲に見せているだけの場合がほとんどですね。

関連記事:一人っ子は性格が悪い?一人っ子に多い性格8つ

 

気が強そう

母子家庭でよくある偏見として、

  • 気が強そう

これもありますね。

 

  • 気が強いために、前の夫とよく衝突をして、その結果として離婚をしてしまい、母子家庭になってしまった

このように思われていることが多いのです。

 

しかし実際は、夫に原因にあったことで泣く泣く離婚して、気が弱いながらもなんとかがんばっているお母さんは多いです。

子供のために、なんとかがんばっているのです。

関連記事:母子家庭で大変なこと3つと嬉しいこと3つ

 

妥協ができなさそう

母子家庭でよくある偏見として、

  • 妥協ができなさそう

このように思われることも多いです。

 

具体的には、

「みんな夫には不満があるけど、生活のために少なからず妥協しているのよ。

だけど母子家庭の人は、その妥協ができなかったから夫と別れてしまったんでしょうね。」

このように思われてしまっているのです。

 

確かに、これは当たっているがあるかもしれませんね。

妥協をして、嫌々ながらも前の夫との生活を続けて選択肢もあったでしょうから。

 

しかしそれが幸せではないと思ったから、離婚をして、母子家庭になったのでしょう。

なので、「その選択は決して間違いではなかった」と、自分を信じてがんばっていってほしいですね。

関連記事:夫婦が崩壊する原因5つ

 

男を見る目がない

母子家庭でよくある偏見として、

  • 男を見る目がない

このように思われてしまうこともあります。

男を見る目がなく、ダメな男と結婚してしまったから、結局離婚することになり、母子家庭で大変な思いをすることになってしまったと思われているのです。

 

これにも、反論はできないかもしれませんね。

「なんて私は男を見る目がなかったんだろう・・・」

と、離婚の際には、だいぶ後悔したこともあったでしょう。

 

ただし、妻に原因があって母子家庭になってしまった場合には、これは当てはまりません。

離婚には様々な原因が考えられますからね。

関連記事:だらしない夫のタイプ3つと対処法3選

 

子供にお父さんがいなくてかわいそう

母子家庭でよくある偏見として、

  • 子供にお父さんがいなくてかわいそう

このように思われてしまうこともあります。

 

しかし、母子家庭でがんばっているお母さんとしては、これは絶対に言われたくないことのひとつであることがおおでしょう。

というのも、母子家庭のお母さんは、

「私が離婚したために、お父さんと離れ離れで生活することになってしまって、ごめんね・・・」

という申し訳ない気持ちは、常日頃から持っているのです。

 

そして、子供にはなるべく寂しい思いをさせないよう、毎日一生懸命がんばってるのです。

だからこそ、「お父さんがいなくてかわいそう」なんて、他人からは絶対言われたくないのです。

関連記事:父親を好きな理由6つ

 

早く再婚するべき

そして、母子家庭でよくある偏見として、

  • 早く再婚するべき

このように思われていることも多いですよね。

 

はっきりって余計なお世話なのですが、

「母子家庭だと何かと大変でしょう、早く再婚したほうがいいよ」

なんで直接言われることもあるでしょうね。

 

しかし、母子家庭のお母さんにはそれぞれの考えがあって、「再婚したほうがよい」と思っている人ももちろんいますが、「このまま母子家庭で子供と一緒に暮らしていくことが幸せ」だと思ってる人もいるのです。

そして軽々しく再婚と言う人がいますが、再婚すれば、子供にはいきなり新しいお父さんができることになりますので、それをすんなり受け入れられるかどうかは分かりません。

 

もし子供が反発することがあれば、今まで母子家庭で楽しく暮らしていたのに、その生活が壊れてしまうことすらあるのです。

なので母子家庭について思うところはあったとしても、第三者が余計なことを言わないように気をつけたいものですね。

関連記事:母親の再婚に賛成する理由3つと反対する理由5つ

以上、母子家庭でよくある偏見6つでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ