旦那が激務なのに、余計に疲れさせる妻の特徴6つ

旦那の仕事がいわゆる「激務」で、毎日かなり疲れて家に帰ってくるのに、そんな旦那を余計に疲れさせてしまう妻がいます。

今回は、旦那が激務なのに、余計に疲れさせる妻の特徴6つについてお話ししていきます。

 

旦那が激務なのに、余計に疲れさせる妻の特徴

仕事が忙しくて相手にしてもらえないことに対して、不満を言う

旦那が激務なのに、余計に疲れさせる妻の特徴として、

  • 仕事が忙しくて相手にしてもらえないことに対して、不満を言う

まずこのようなケースがあります。

 

このような妻は、旦那さんのことを愛してはいるのです。

しかし、愛する旦那さんの仕事が忙しすぎて、全然自分の相手をしてくれないので、寂しさから思わず、

「こんな遅くまで仕事なの?」

「休みの日も全然外に連れてってくれないじゃん!」

「もう少し私との時間を大切にして!」

というようなことを口走ってしまうのです。

 

旦那さんは旦那さんで仕事が大変なので、妻の気持ちに応えるのは難しいでしょうから、悩ましいところですね。

がんばって妻の相手をしても、それで仕事に支障をきたしてしまったら、悪循環に陥りますので。

関連記事:妻が実家に帰る理由5つ

 

旦那の気持ちも知らないで、軽口を言う

旦那が激務なのに、余計に疲れさせる妻の特徴として、

  • 旦那の気持ちも知らないで、軽口を言う

このような人もいます。

 

旦那さんは、家族のためにがんばって仕事をしているのです。

しかしそんな旦那さんの気持ちも考えず、

「あなたの会社、ブラック企業すぎるでしょ」

「そんな忙しすぎる仕事辞ちゃえば?」

「他にラクな仕事はいくらでもあるでしょう?」

なんて軽口を言われてしまうと、旦那さんとしてはイラっとしてしまいますよね。

 

そして、そんな妻と話していてもストレスが溜まるだけなので、旦那さんは家に帰りたくなくなります。

なので、外で飲んでくる回数が増えてしまうかもしれませんね。

関連記事:旦那が飲み会で連絡なしになる理由4つとなるべく早く帰宅させる方法5選

 

旦那の仕事ぶりを否定する

旦那が激務なのに、余計に疲れさせる妻の特徴として、

  • 旦那の仕事ぶりを否定する

このような場合もあります。

 

旦那さんが激務で疲れて、夜遅く帰ってくると、

「もっと効率よく仕事したら、もっと早く帰ってこられるでしょ?」

「仕事サボりすぎてんじゃないの?」

「毎日こんな遅くまで仕事するなんて、今の仕事向いてないんじゃない?」

なんて言われてしまったら、旦那のプライドはズタズタになってしまいますよね。

関連記事:仕事運がない人がやるべきこと6選

 

旦那の給料に対する不満を言う

旦那が激務なのに、余計に疲れさせる妻の特徴として、

  • 旦那の給料に対する不満を言う

これも旦那さんとしては嫌ですね。

 

今の時代、どんなにがんばっても給料が上がっていかないことも普通になってしまいました。

また会社によっては、給料がずっと横ばいだったり、場合によっては下がってしまうようなこともあるでしょう。

 

このような厳しい時代に、旦那さんは必死に激務をこなしているのに、

「もうちょっと稼いできてくれない?」

なんて妻に言われてしまったら、旦那さんはガックリきてしまいますよね。

関連記事:「生活できない」と思った時にやるべきこと6選

 

旦那が家のことをしてくれないことに対して不満を言う

旦那が激務なのに、余計に疲れさせる妻の特徴として、

  • 旦那が家のことをしてくれないことに対して不満を言う

これもあります。

 

旦那さんの仕事が激務ですと、旦那さんは家に帰ったら、寝るだけとなってしまうことも多いでしょう。

そして週末も、平日の疲れを癒すべく、旦那さんはずっとゴロゴロしているようなことがあるかもしれませんね。

 

しかし、そんな旦那さんを見て、

「そんなにゴロゴロしている暇があったら、もっと家のこと手伝ってよ!」

と、妻が家事や育児を手伝ってくれない旦那に、きつい言葉を浴びせるのです。

 

しかし旦那さんとしては、「家のことまで手が回らない」というのが正直なところでしょうね。

また、もし妻が専業主婦である場合には、

「家のことはお前ががんばってくれよ・・・」

口には出さなくても、このように思うことは多いでしょうね。

関連記事:共働きなのに家事しない夫への対処法7選

 

「有給を使ってでも会社を休んだ方がよい」と正論を言う

旦那が激務なのに、余計に疲れさせる妻の特徴として、

  • 「有給を使ってでも会社を休んだ方がよい」と正論を言う

これもこれできついですね。

 

旦那の激務に耐えかねた妻がそんなことを言い出しても、仕事をしている旦那さんとして、旦那さんにしか分からない会社の事情もありますので、何とも言えない気持ちになってしまうのです。

そのような妻の気持ちも分からなくはありませんが、旦那としてはあまり口を出してほしくないというのが正直なところでしょうね。

関連記事:仕事をほどほどにするメリット3つとデメリット2つ

以上、旦那が激務なのに、余計に疲れさせる妻の特徴6つでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ