旦那が話さない場合の対処法10選

夫婦あれば、色々なことをお互いで話し合いたいものですが、旦那がなかなか話しをしてくれない場合は、イライラしてストレスが溜まってきてしまいますよね。

そこで今回は、旦那が話さない場合の対処法10選についてお話ししていきます。

 

旦那が話さない場合の対処法

寡黙な性格の旦那であれば認めてあげる

旦那がなかなか話さないというのは、性格的なものではありませんか?

もし、寡黙な性格の旦那であれば、それはぜひ認めてあげてください

 

そもそも男性というのは、女性よりもしゃべらない人が多く、リアクションがあまり良くなかったりもします。

なので妻からしたら、旦那からなかなか思ったようなリアクションが返ってこなかったり、話しかけても思った以上に話してくれないようなことも多々あるでしょう。

 

しかし、旦那が寡黙な性格であれば仕方のないことなのですし、それを承知で結婚したわけですよね?

寡黙な旦那の立場からすると、妻に会話をを強要されると、それが大きなストレスとなってしまい、そこから大きな夫婦喧嘩に発展してしまう可能性も出てきますので、注意してくださいね。

関連記事:似た者同士が夫婦になりやすい理由4つ

 

逆上しない

旦那が話さない場合、イライラして、逆上しないようにしてください。

もし妻であるあなたが逆上してしまえば、旦那はそれに対抗してへそを曲げてしまい、余計に話さなくなってしまうでしょう。

 

旦那を話させたいのであれば、あなたの方から旦那が話しやすい空気を作ってあげるべきなのです。

なので、旦那がなかなか話さない場合でもけっして逆上することなく、穏やかな雰囲気作りを心掛けてくださいね。

関連記事:母のことが嫌いな理由6つ

 

無理に絡まない

旦那が話さない場合、何とか旦那に話させようと、

「ね~ね~、何か話してよ~」

などと、無理に絡むようなことはしないでください

 

旦那にだって、話しをしたくない時はあるのです。

いつも妻のペースに合わせてはいられないのです。

 

なので、旦那に話しかけてもあまり話してくれない場合には、

「今はあまり話したくないのかな?」

と旦那の気持ちを察してあげて、引いてあげることも必要ですよ。

関連記事:親戚がうざい場合の対処法4選

 

あなたから挨拶をしてみる

旦那が話さないのだけれど、なんとか話しをしたいという場合、

  • あなたから挨拶をしてみる

このようなきっかけを作ってみるのはいかがでしょうか?

 

  • おはよう
  • お帰りなさい
  • お疲れさま

などの挨拶には、さすがに旦那も返事を返してくれるでしょう。

その時に、すかさず会話が始めてみるのです。

関連記事:人付き合いが苦手なママへのアドバイス5選

 

旦那の興味がある話題を振ってみる

旦那がなかなか話さないという場合、

  • 旦那の興味がある話題を振ってみる

この方法もオススメです。

 

というのも、もしかしたら旦那としては、妻であるあなたの話しがあまり面白くなくて、会話を拒否してしまっている可能性があります。

なので旦那の興味がある、

  • スポーツ
  • 趣味
  • 芸能人

などの話しを振ってあげれば、旦那も思わず会話に入ってくる可能性がありますよ。

関連記事:他人に興味がない人の特徴4つと結婚するためにやるべきこと2つ

 

子供の話題を振ってみる

旦那が話さない場合、

  • 子供の話題を振ってみる

これも有効ですね。

 

子供のことに関しては、旦那も当然興味があることなので、

  • 子供のちょっとした変化
  • 子供に関する日々の出来事
  • 子供に関する行事

このようなことは知っておきたいと思っているはずです。

 

なので、普段話さない旦那でも、子供のことになると前のめりで会話に参加してくることもありますよ。

逆に、子供の話題であっても興味を示さないような旦那は、ちょっと問題ですね・・・。

関連記事:夫婦でいることに限界を感じてしまう理由7つ

 

旦那との会話では聞き役に徹する

ここまでお話ししてきた対処法で、旦那が話し出したとします。

その際は、

  • あなたが聞き役に出する

このことを意識してください。

 

あなたが聞き役に徹して、

  • 相槌を打つ
  • 旦那の話したことに対して質問で返す

このようなことをしてあげることで、旦那はさらに話してくれる可能性が出てきますよ。

 

もちろんあなたも旦那に話したいことがあるでしょう。

しかし「旦那に話しをさせる」ということが目的である場合には、その気持ちをグッと抑えて、あなたがとにかく聞き役に徹することが大切になりますね。

関連記事:愚痴の聞き役になる際のポイント3つ

 

必要な相談はしっかりする

また、旦那がなかなか話さない場合であっても、必要な相談はしっかりするようにしてください。

夫婦であれば、

  • 将来のこと
  • 家計のこと
  • 子供のこと(子供がいれば)

このような大切なことがたくさんあり、旦那に相談しなければならないこともたくさん出てくるでしょう。

 

そんな中で「旦那が話さないから」という理由で、相談せずに、妻がすべての負担を請け負ってしまうような状況になると、いずれ夫婦生活は破綻してしまうでしょう。

なので、必要な相談はしっかりするべきです。

関連記事:主婦に疲れた場合の対処法5選

 

愛情の確認をする

また、旦那がなかなか話さないという場合、上記でお話ししたように、もともと旦那が寡黙な性格であったらまだしも、結婚してから話さなくなったようであれば、あなたへの愛情があるのかはしっかり確認したほうがよいですね。

旦那としては、あなたがいる生活が当たり前になって、あなたに対する気遣いがなくなってきているのかもしれませんし、仕事なので大きなストレスを抱えているのかもしれません。

 

しかしあなたが、なかなか話しをしてくれない旦那のことで悩んでいるなんて、全然分かっていないかもしれないのです。

そういうことも踏まえてぜひ一度、旦那に愛情の確認をしてみてください。

関連記事:嫁に飽きた理由6つ

 

離婚を考えるべきタイミングかも

そして上記でお話ししたように、必要な相談をしてもしっかり話しをしてくれなかったり、愛情の確認をしてもあなたの思ったような返事が返ってこなかった場合には、離婚を考えるべきタイミングに来てしまったのかもしれません

あなたは今後も、なかなか話しをしてくれない旦那と一緒にいて楽しいのでしょうか?

そんな旦那といることで、ストレスを溜め込んでしまうことにならないのでしょうか?

 

夫婦の会話というのは、とても大切です。

逆に会話のない夫婦が、一緒にいる意味などがないかもしれませんよ。

関連記事:共働きに疲れたことで離婚してしまう理由3つと対処法2選

 

このようなことも踏まえて、今回お話しした対処法を試してみてくださいね。

以上、旦那が話さない場合の対処法10選でした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ