親と同居しながら子育てするメリットとデメリット3つ

結婚してから親と同居するケースは珍しくありませんので、その後夫婦に子供が生まれれば、親と同居しながら子育てをすることになります。

そこで今回は、親と同居しながら子育てするメリットとデメリット3つについてお話ししていきます。

 

親と同居しながら子育てするメリット

祖父母に子育てを手伝ってもらえる

親と同居しながら子育てするメリットとして、

  • 祖父母に子育てを手伝ってもらえる

まずはこれがあります。

 

子育てはとにかく大変です。

なので、たとえ母親が専業主婦であっても、ひとりでは子育てに苦戦することも多いのです。

 

しかし親と同居していれば、親にも子育てを手伝ってもらえます。

子育ての大先輩の協力はとても助かりますし、子供としても、祖父母と関わるのは楽しいですよね。

関連記事:実家に帰省する頻度3つのケースと結婚相手の実家に帰省する際に気をつけるべきこと3つ

 

母親の寂しさが軽減する

親と同居しながら子育てするメリットとして、

  • 母親の寂しさが軽減する

これもけっこう大きいです。

 

というのは、ほとんどの家庭では母親が子育ての多くを担当することになりますが、子育てというのは想像以上に孤独なのです。

そして、旦那さんの仕事が忙しかったりして、なかなか子育てに協力してくれなかったり、妻の子育てに関する話しすら聞いてくれない状況が続くと、母親は子育てに悩み、精神的にかなり落ち込んでしまうのです。

 

しかし親と同居していれば、しょっちゅう親が絡んできてくれますので、孤独や寂しさというのは感じづらいのです。

「ひとりじゃない」と思えることは、子育てをしていく上でとても大切なことなのです。

関連記事:母子家庭でよくある偏見6つ

 

子供がたくさんの人と触れ合える

親と同居しながら子育てするメリットとして、

  • 子供がたくさんの人と触れ合える

これもありますね。

 

子供は両親だけと触れ合うより、しょっちゅう祖父母とも触れ合う環境にいたほうが、人見知りなども少なくなるでしょうし、大人とうまく付き合えるようになってくるでしょう。

また、

  • 父親
  • 母親
  • 祖父
  • 祖母

と、みんな違う考え方を持っていますので、様々な価値観に触れることも、子供にとってはよいことですよね。

関連記事:人見知りしない子供の特徴3つと親のメリット2つ

 

親と同居しながら子育てするデメリット

祖父母と子育ての意見が対立することがある

親と同居しながら子育てするデメリットとして、

  • 祖父母と子育ての意見が対立することがある

どうしてもこれはあるでしょうね。

 

夫婦で「これが良い」と思った子育てをしていても、

「あ~それはダメだね」

「もっとこうしたほうがいいわよ」

「そんなに甘やかすな」

などと祖父母が口を挟んできて、時には子育てに関する意見が対立してしまうこともあるでしょう。

 

さらに、それが義理の親だった場合。

なかなか意見を押し通すこともできず、ストレスが溜まってしまうことも多くなってしまうかもしれませんね。

 

子供が変に気を遣うようになってしまう

親と同居しながら子育てするデメリットとして、

  • 子供が変に気を遣うようになってしまう

このようなことも考えられます。

 

たとえば上記のように、両親と祖父母が子育ての意見を対立させていたりすると、子供としてはなんとかそれをなだめようと、

  • 祖父母の前では祖父母の味方になる
  • 両親の前では両親の味方になる

など、子供が変に気を遣うようになってしまうのです。

やはり子供はすくすく育ってほしいものですので、これはあまり良い傾向ではないですよね。

関連記事:「連れ子が嫌い」という場合の対処法7選

 

夫に対して、ストレスが溜まることがある

親と同居しながら子育てするデメリットとして、

  • 夫に対して、ストレスが溜まることがある

このようなこともあります。

 

これは特に、夫の親と同居している場合に多いのですが、夫は妻の意見と両親の意見の両方を聞こうとするので、結局どっちつかずになってしまうのです。

そうなると妻としては、家での味方は誰もいなくなってしまいますので、子育てに対するストレスもかなり溜まっていってしまうのです。

 

妻としては、どんなに両親が正論を言っていても、夫には味方でいてほしいものなのです。

このあたりは、夫にはしっかり理解しておいてほしいところですね。

関連記事:夫婦でいることに限界を感じてしまう理由7つ

以上、親と同居しながら子育てするメリットとデメリット3つでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ