夫婦で手取り40万の場合の生活費内訳と気をつけるべきこと4つ

夫婦での月収手取りで40万円くらいというのは、かなり多いケースです。

その場合、生活費の内訳はどのような感じになるか気になりますよね。

そこで今回は、夫婦で手取り40万の場合の生活費内訳と気をつけるべきこと4つについてお話ししていきます。

 

夫婦で手取り40万の場合の生活費内訳

家賃

まず家賃ですが、家賃は月収の3割程度に抑えるのが一般的です。

なので手取り40万円であれば、家賃は月12万円以内に抑えたいものです。

結婚してから家を買ってローンを組んだ場合でも、やはりこれくらいに抑えたいですね。

 

食費

食費は自炊中心であれば、月収の1割程度に抑えたいところです。

なので手取り40万円であれば、食費は月4万円ということになりますね。

 

水道光熱費

水道光熱費は、夫婦で一緒に暮らしていれば、だいたい月に2万円程度になるでしょう。

節約できたとしても、1,000~2,000円減らせるくらいだと思いますね。

 

通信費

今や誰もがひとり1台持ってると言われるスマホなどの通信費ですが、これはだいたい月にひとり1万円かからないくらいだとして、さらに自宅にインターネットの回線を引いていると考慮して、夫婦二人で月2万円程度になるでしょう。

 

ここまでの合計

それでは、ここまでの合計をまとめますと、

  • 家賃:12万円
  • 食費:4万円
  • 水道光熱費:2万円
  • 通信費:2万円

合計:20万円

あとは、生活に必要なこまごましたものを買ったとしても、夫婦2人で切り詰めていけば、月に20万円前半で生活していくことは可能です。

 

ただし、これではちょっと生活がきゅうくつに思ってしまうでしょう。

なので実際にはここから、

  • 夫婦それぞれのお小遣い
  • 付き合いでの飲み会参加費

などがあったりして、残った金額を貯金するというのが多いパターンですね。

 

夫婦で手取り40万の生活で気をつけるべきこと

不足の事態や将来に備えて、しっかり貯金をしておく

上記でご覧いただいた通り、夫婦で月に手取り40万円あれば、あまり贅沢をしなければ、毎月問題なく生活をしていくことができます。

ただし、いつ不測の事態が起きるか分かりませんよね。

 

たとえば、ご主人が病気をして仕事を休むことになり収入が減ってしまうですとか、子供ができて奥様が仕事を辞めるということなどもあるかもしれません。

また、ご主人が上司と喧嘩をして会社を辞めてしまい、転職活動中は収入が途切れてしまうなんていうことも、可能性としてはゼロではありません。

 

そして、将来的には家を購入したいと思っている場合は、頭金としてまとまった金額が必要になってきます。

なので、

  • 不測の事態や将来のために、貯金はしっかりしておく

これを忘れないようにしましょう。

 

ちなみに貯金額としては、手取り月収の2割を貯金できたら優秀だと言われます。

なので手取り月収40万円で、毎月8万円貯金できたら、ぜひ自分たちを褒めてけてください。

 

また、不測の事態に備えるという意味では、手取り月収の3ヶ月分は貯金を確保しておきたいところです。

なので手取り40万円であれば、1,20万円ほどは貯金しておきたいところですね。

 

毎月の支出を定期的に見直す

そして毎月貯金はしっかりで行っていきながら、合わせて、

  • 毎月の支出も定期的に見直す

これも行っていきましょう。

 

貯金することでもお金が増えていきますが、支出を減らすことができれば、それも結果的にはお金を増やすことと同じことです。

なので、できれば月一回などは夫婦で時間を作り、夫婦それぞれや家庭全体の支出を見直してみて、無駄な支出があればカットするなど、減らせる支出はどんどん減らすようにしていきましょう。

 

その際に夫婦での将来の目標をしっかり共有できていれば、支出のカットもストレスなく行えると思いますよ。

 

あまり厳しくしすぎず、たまには夫婦にご褒美あげる

上記では、貯金や支出の見直しについてお話ししましたが、あまりに厳しくやりすぎてしまうと、夫婦ともに疲れてしまいます。

またそれがストレスになって、夫婦喧嘩などに発展してしまったら、元も子もありません。

 

なので、目標を立てて貯金をしたり、毎月の支出を定期的に見直していきながら、

  • あまり厳しくしすぎず、たまには夫婦にご褒美あげる

このようにしていくと良いですよ。

 

たとえば、

  • 少し奮発してディナーに行く
  • 年に1回は家族旅行へ行く

など、夫婦で一緒に喜べるものご褒美として設定すれば、「これからも夫婦で一緒にがんばっていこう」というモチベーションにつながりますからね。

 

周囲の夫婦と比べないようにする

そして、

  • 周囲の夫婦と比べないようにする

これもとても大切なことです。

 

自分たちよりも友達夫婦の方がよい生活をしていたり、たくさんの貯金をしていることを知ってしまうと、なんだか負けてしまった感じしたり、気分が落ち込んでしまうこともあるでしょう。

しかし自分と周囲の夫婦を比べるべきではありません。

上には上がいるものですから、比べ出したらキリがありませんよ。

 

周囲の夫婦と自分たちとを比べて、いちいち一喜一憂するのではなく、あくまで自分たち夫婦がこれから楽しく暮らしていくために、やるべきことをやっていけばよいだけなのです。

周囲の夫婦なんて気にせず、あなたたち夫婦の目標に向かって、前に進んでいきましょうね。

以上、夫婦で手取り40万の場合の生活費内訳と気をつけるべきことでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ