愚痴の聞き役になる際のポイント3つ

良好な人間関係を保つために、時には友達などの愚痴の聞き役にならざるをえないこともありますよね。

そこで今回は、愚痴の聞き役になる際のポイント3つについてお話ししていきます。

 

愚痴の聞き役になる際のポイント

愚痴は冷静に聞いて、感情移入をしない

愚痴の聞き役になる際のポイントとしてまずは、人の愚痴はとにかく冷静に聞いて、感情移入をしないようにしてください。

愚痴を言っている人と同じような気持ちになって、感情移入をしながら話しを聞いてしまうと、とにかく疲れます。

 

そしてあなたも、

  • イライラ
  • 怒り
  • もどかしさ

など、ネガティブな感情を抱いてしまって、良いことは何もありません。

なのであなたが愚痴によって悪い影響を受けないよう、愚痴は冷静に聞いて、感情移入をしないようにしてください。

関連記事:妻が寝てばかりの場合の対処法6選

 

愚痴は適度に流して聞く

そして、愚痴を言う人の共通点として、

  • 話しが長い
  • 同じことを何度も繰り返す

このようなことがありますよね。

 

なので愚痴は、適度に流して聞くようにしましょう。

すべてしっかり聞いていたら持ちませんので。

 

「話しを流して聞くというのは、相手に失礼だから・・・」

このように思ってしまうかもしれませんが、そこは安心してください。

愚痴を言っている人は、あなたに話しをしっかり聞いてほしいわけではないのです。

 

もちろん、愚痴を全てしっかり聞いてくれるに越したことはないのですが、それよりも、

  • とにかく溜まっている愚痴を全て吐き出してスッキリしたい

この気持ちが強いのです。

 

なので愚痴を言っている人は、聞き手が適度にあいづちを打って話しを聞いてくれていれば満足なのです。

なのであまり真面目に考えず、愚痴は適度に流して聞いてあげて、相手を満足させてあげてくださいね。

関連記事:母がヒステリーな場合の対処法6選

 

どうしても嫌な場合は、愚痴を聞くことを断る

そして、良好な人間関係を続けていくためには、愚痴を聞いてあげた方がよいことは分かっているのですが、それでもどうしても愚痴を聞くのが嫌なこともありますよね。

また先ほどお話しした、

  • 愚痴は冷静に聞いて、感情移入をしない
  • 愚痴は適度に流して聞く

これらを意識していても、どうしても愚痴を聞いていると、ネガティブな方向に引っ張られてしまいます。

 

このようなことがもう嫌で、愚痴を聞きたくないのであれば、もう愚痴を聞くことを断ってしまうのもひとつですよ。

愚痴を聞くことを断れば、その人との関係が悪くなってしまうかもしれません。

しかしよくよく考えてみれば、あなたが聞きたくない愚痴を話すようなその人と、今後も付き合っていかなければならないのでしょうか?

 

むしろこれをきっかけに関係が終わってしまったとしても、特に問題はないのかもしれませんよ。

そのあたりをしっかり考えてみて、時には愚痴を聞くことを断る決断も必要かもしれませんね。

関連記事:愚痴ばかり言う友達への対処法5選

以上、愚痴の聞き役になる際のポイント3つでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ