愚痴りたいけど愚痴れない場合の対処法4選

愚痴りたいけど、愚痴を聞いてくれる相手がいなかったりなどで、なかなか愚痴れないことがありますよね。

そこで今回は、愚痴りたいけど愚痴れない場合の対処法4選についてお話ししていきます。

 

適度に愚痴は言った方がよい理由

愚痴というのは、「適度であれば言った方がよい」とされていますが、その理由は次の通りです。

 

ストレスを発散できる

現代人はストレスを多く抱えています。

ストレスの発散方法は人それぞれですが、人に愚痴を聞いてもらうことでストレス発散ができるという人はかなり多いですよね。

 

ストレスの原因は人間関係であることが多く、なかなかその当事者とやり合うことは難しいことが多いでしょう。

そのようにして溜まったストレスを、誰かに聞いてもらうだけでスッキリするというのが人間なのです。

 

人間性が分かる

愚痴を言うと、同じ内容でも人によって聞き方が違います。

ただただ黙って聞いてくれる人もいれば、

「そいつほんとムカつくね!」

と大きく共感してくれる人もいたり、こちらが愚痴を言っている途中で話しを折って、自分の意見を押しつけてくるような人もいます。

 

このように愚痴を聞いてもらうことで、聞き手の人間性が分かるということもあるのです。

そしてその人間性を知ることで、今後の付き合い方を考えなければならない人も出てくるでしょう。

 

愚痴りたいけど愚痴れない場合の対処法

上記でお話しした通り、適度であれば愚痴は言った方がよいのですが、愚痴りたくても愚痴れないという状況は多くあります。

そこで次に、愚痴りたくても愚痴れない場合の対処法についてお話ししていきます。

 

愚痴は言わず、自分の中だけで解決してみる

愚痴りたくても愚痴れない状況であれば、いっそのこともう愚痴は言わずに、自分の中だけで解決するように考え方を変えてみてください。

ちなみになのですが、愚痴を言うことでストレスを発散できる人は多いですが、人によっては愚痴を言うことでさらにストレスや怒りを大きくしてしまうこともあるようです。

なので、「愚痴を言いたい」というネガティブな感情を抑えて、さらに自分の中だけで解決できるようになれば、今までよりも平穏な毎日を送れるようになるかもしれませんよ。

 

愚痴を聞かされる人の気持ちを想像してみる

「愚痴りたいけど愚痴れない」という今の状況にイライラしているかもしれません。

そんな時は一旦冷静になって、愚痴を聞かされる人の気持ちを想像してみてください

 

正直なところ、人から愚痴を聞かされるのは、あまり気持ちがよくはないですよね。

むしろ、嫌な気分になる方が多くありませんか?

もしかしたら、これまであなたの愚痴を聞かされていた人は、あなたの愚痴を聞かされることにもううんざりしていたかもしれません。

そして、あなたと少し距離を置こうとすら考えているかもしれませんよ。

 

「明るい話しをした方が人生にとってプラス」ということを再認識する

誰かと話しをするのであれば、愚痴ではなくて、どうせなら明るい話しをした方がお互いの人生にとってプラスになりますよね。

愚痴りたくても愚痴でない状況があるのなら、このように考えて、周囲の人と明るい話題で盛り上がっていきましょう。

明るい話題であれば、多くの人があなたの話しに付き合ってくれるはずですので。

 

愚痴を言いたくなっている問題を解決する

そして愚痴を言いたくなっている問題そのものを解決することができれば、そもそも愚痴を言わずにすみますよ。

「嫌なことがあったり、ストレスが溜まったら誰かに愚痴る」という習慣から、「愚痴りたくなったら根本の問題を解決する」という習慣をつけたほうが、あなたの人生にとっては確実によいはずです。

ぜひ、これを実行に移してみてくださいね。

以上、愚痴りたいけど愚痴れない場合の対処法4選でした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ