母親をやめたいと思ってしまった場合の対処法4選

「母親をやめたい」

そんなことを思ってはいけないということは分かっているのですが、そう思ってしまうことがあるのが人間というものです。

そこで今回は、母親をやめたいと思ってしまった場合の対処法4選についてお話ししていきます。

 

母親をやめたいと思ってしまった場合の対処法

冷静に自分の気持ちと向き合う

母親をやめたいと思ってしまった場合はまず、冷静に自分の気持ちと向き合うようにしてみてください。

  • 母親をやめたいなんて、決して思ってはいけない

このような思いが強くあって、自分の本当の気持ちにふたをしてしまうと、当面は何とかやり過ごせるかもしれません。

 

しかし、それは根本的な解決にはなりませんので、どこかで心が爆発してしまう可能性があります。

なので、「母親をやめたい」と思う気持ちを無理に打ち消そうとはせずに、まずは冷静になって、今の自分と向き合っていきましょう。

関連記事:「人生後悔ばかり」だという場合の対処法4選

 

「人間なんだから、そう思ってしまうこともある」と自分を許す

冷静になって自分の気持ちに向き合う状態ができたら、次はぜひ自分のことを許してあげてください

「人間なんだから、母親をやめたいと思ってしまうこともある」

と、自分で自分のことを許してあげてほしいのです。

 

あなたが今、母親をやめたいとまで思ってしまっているということは、ここまで子育てを相当がんばってきたのでしょう。

しかしうまくいかないことが多く、悩む日々が続いてしまったのでしょう。

そして、心身ともにかなり疲れてしまったのでしょう。

 

逆に子育てを適当にしていたのであれば、ここまで思い詰めることはありませんからね。

なのでここまでがんばってきた自分を認めてあげて、そして今のような心境になっている自分のことは決して責めずに、許してあげてくださいね。

関連記事:親を好きになれない理由9つと解決策3選

 

無理矢理にでもプラス思考で考えて、できることをやっていく

それではここからは、具体的な行動を起こしていきましょう。

ただし、その前に頭に入れておいていただきたいのは、

  • 無理矢理にでもプラス思考で考える

ということです。

 

現在、母親をやめたいとまで思っているということは、かなりネガティブな思考になっているはずです。

しかし、母親をやめることできないことは、あなた自身しっかり分かっていますよね。

 

だからこそ、無理矢理にでもプラス思考で考えて、今できることをやっていきましょう。

具体的には、ぜひ次のことをやってみてください。

関連記事:悪口を言わない人は信用できない?悪口を言わない人の考え方6つ

 

今の正直な気持ちを紙に書き出して、整理してみる

今の正直な気持ちを紙に書き出して、頭の中を整理しましょう

今の気持ちを紙に書き出すことによって、何が原因で母親をやめたいとまで思ってしまっているのか、それを明確にすることができます。

原因が明確になれば、その原因に合った対処をしていけますので。

 

もし、子育てについてひとりで考えすぎてしまい、そのせいで辛くなっているようであれば、誰かに今の気持ちを話すことによってスッキリするかもしれません。

また、毎日子育てに追われて、自分の時間が取れずにストレスが溜まりすぎているようであれば、ご主人や実家、またはベビーシッターさんなどに子供をお願いをして、数日間子育てから離れる時間が必要になるかもしれません。

関連記事:家事と育児をしながらの仕事に疲れた場合の対処法4選

 

そしてもしかしたら、子育てをあなたひとりに任せているご主人に対しての不安が大きくなって、母親をやめたいとまで思ってしまっているのだとしたら、一度ご主人とじっくり話す時間が必要になるでしょう。

とにかく今の気持ちを紙に書き出すことによって、問題が浮かび上がってきますので、ぜひ試してみてくださいね。

関連記事:「人生後悔ばかり」だという場合の対処法4選

 

「母親をやめたい」と思ったことがある人はたくさんいる

母親をやめたいと思うなんて、ひどい考えすぎて、絶対に人には言えないと思っているかもしれません。

しかし実際には、「母親をやめたい」と思ったことがある人は、想像以上にたくさんいます。

 

多くの人があなたと同じように悩み、それでも何とか子育てをがんばっているのです。

なので、決して自分を責めることはしないようにして、今回の記事を参考にできることをやっていきましょうね。

関連記事:叱らない育児が失敗する原因と失敗例2つ

以上、母親をやめたいと思ってしまった場合の対処法4選でした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ