独り言が無意識に出てしまう理由5つ

他人の独り言は結構気になってしまうものですが、独り言というのは無意識に出てしまうもので、それにも理由があるのです。

そこで今回は、独り言が無意識に出てしまう理由5つについてお話ししていきます。

 

独り言が無意識に出てしまう理由

自分を安心させる

自分を安心させるために、独り言が無意識に出てしまうことがあります。

何か不安があったりすると、

「大丈夫、大丈夫」

などのように、自分を励ます言葉を口にすることで、自分を安心させたいという思いから、独り言を無意識に言ってしまうのです。

 

大勢の前で何かを発表する時や、スポーツ選手などでこれを意識的に行う人もいますね。

関連記事:「ずっと一人は嫌だ」と思った場合の対処法4選

 

何かを考えている

何かを考えていて、自分の世界に入り込んでいる時に、独り言をぶつぶつ言っている人もいます。

このような人はけっこう見かけることが多いですが、傍から見ていると、少し怖い感じもしますよね。

本人は集中していて、当然無意識なのでしょう。

関連記事:無職が辛いと思う時4つ

 

自分のことをアピールしている

自分のことをアピールするために、独り言のようなつぶやきをしていて、それが癖になってしまい、気づいたら独り言が無意識に出てしまうようになった人もいます。

「ヨッシャー!」

「いい感じ!」

「最高!」

などのような発言で自分のことをアピールしている人は、学校でも会社でもひとりはいるものですよね。

 

それが習慣化すると、無意識でそういうことを言うようになってしまうので、よりたちが悪くなってしまうのです。

完全に逆効果ですね。

関連記事:つまらない友達の特徴6つ

 

さびしい

さびしくて、独り言を無意識に言う人もいます。

話す相手がいなくてさびしいので、無意識で自分と会話をしているのです。

こんな人はとてもかわいそうだと思うでしょうが、実は一人暮らしをしている人でこういう状態になっていることはとても多いのです。

 

また、さびしさを周囲にアピールしたいと気持ちが強くなると、

「うーん」

「どうしよう?」

「できるかな~」

などのような独り言が無意識に出るがいます。

 

このような人は、心のどこかで、

「どうしたの?

「大丈夫?」

「何かあったの?」

などと、自分のことを気にかけてほしいと思っているのです。

 

ただし現実では、独り言を言っている人はちょっと怖いので、あまり人は寄りつきません。

なので、さびしくて人とコミニケーションを取りたいのあれば、素直なって行動を起こすべきですね。

関連記事:一人暮らしをやめたいと思う時7つ

 

ストレスが溜まっている

また、ストレスが溜まっている人は、独り言を無意識で言ってしまうことが多くなります。

うまくいかないことがあると、ストレスが溜まってしまい、

「あ~」

「くそ~」

「なんでだよ~」

みたいな感じで、独り言を言っている人がよくいますよね。

 

あれは無意識でストレスを発散させようとしているわけです。

その人はその独り言でストレスを発散できているかもしれませんが、周囲の人には迷惑をかけていることも多いので、ぜひ気をつけたいところですね。

 

無意識なので、自分で気をつけるのは難しいですが・・・。

関連記事:会社でのストレスが限界だという場合の対処法8選

以上、独り言が無意識に出てしまう理由5つでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ