実家がゴミ屋敷になる原因3つと対処法2選、考えられるトラブル3つ

実家があまりにも汚くて、いわゆる「ゴミ屋敷」のような状態になってしまっていると、子供としてもかなり引いてしまいますよね。

そこで今回は、実家がゴミ屋敷になる原因3つと対処法2選、考えられるトラブル3つについてお話ししていきます。

 

実家がゴミ屋敷になる原因

忙しくて掃除をする暇がない

実家がゴミ屋敷になる原因として、

  • 忙しくて掃除をする暇がない

このようにいう親は多いでしょう。

 

しかしはっきり言って、それは言い訳である場合がほとんどでしょうね。

「忙しくて、1週間くらい全然掃除ができなかった・・・」

ということならまだ分かりますが、家がゴミ屋敷になってしまうということは、数ヶ月、場合によっては1年以上全然掃除していない結果だということは、簡単に想像がいてしまいます。

 

「忙しかったから、数ヶ月全然掃除ができなかった・・・」

なんて言い訳は、まず通用しませんからね。

関連記事:家事がうまくできない場合の対処法6選

 

親がだらしない性格である

実家がゴミ屋敷になる原因として、

  • 親がだらしない性格である

これは大きな要因でしょうね。

 

だらしない性格で、「家の掃除なんて全然しない」という人がいます。

そしてもし、両親ともにそのようなだらしない性格であった場合、どちらの家の掃除をしないので、実家はどんどん汚くなり、やがてゴミ屋敷となってしまうのです。

 

そして厄介なのは、だらしない性格の人は、家がゴミ屋敷になっていても、

「ま、いっか」

くらいの感じで、本人たちはほとんど気にしてないということがあります。

このようなだらしない性格の親を持った子供は、かなり大変ですね。

関連記事:だらしない性格の人の特徴7つと改善する方法3選

 

物が捨てられない

実家がゴミ屋敷になる原因として、

  • 物が捨てられない

ということも考えられます。

 

家にどんどん物が増えていき、ゴミ屋敷化していることに気づいてはいるのですが、どうしても物を捨てられずに、そのまま放置してしまうという人がいるのです。

そして、物が捨てられない人というのは、普通の人では考えられないような省スペースでうまく生活しているので、本人としては特に問題視していないことも多いです。

あなたの実家の親は、このような状況ではありませんか?

関連記事:実家に帰りたくない理由14個と実家に帰りたくない時の言い訳8選

 

実家がゴミ屋敷になっている場合の対処法

あなたが率先して掃除をしてあげる

実家がゴミ屋敷になっている場合の対処法として、

  • あなたが率先して掃除をしてあげる

まずこの方法があります。

 

実家がゴミ屋敷になっている場合、実家の親は多少不満があったとしても、そんな状況でずっと暮らしているわけですから、あなたが、

「少しは家を掃除しなよ!」

なんて言ったところで、まず聞き入れてくれないでしょう。

 

なので実家をきれいにしたいと思うのであれば、あなたが率先して掃除をしてあげるしかないのです。

ただしゴミ屋敷の掃除は、想像以上に大変ですよ。

関連記事:実家に帰省する頻度3つのケースと結婚相手の実家に帰省する際に気をつけるべきこと3つ

 

業者にお願いする

実家がゴミ屋敷になっている場合の対処法として、

  • 業者にお願いする

この方法もありますね。

 

上記でお話しした通り、「あなたが率先して掃除をしてあげる」という方法もあるのですが、実家が少し汚い程度ならまだしも、ゴミ屋敷状態にまでなっている場合には、あなたの力ではもうどうにもならないことも多いでしょう。

なので、業者さんにお願いして、一気に実家の掃除をしてもらおうというわけです。

 

しかしこの場合は、費用が発生します。

しかもそんなに安くはない金額になるでしょうから、そのあたりは親と相談する必要がありますね。

もし親が、実家の掃除に関してそこまで前向きではない場合、あなたが費用と多く負担したり、場合によっては全額負担する必要が出てくるかもしれません。

関連記事:お金がない親のためにやってあげられること4選

 

ゴミ屋敷になっていた実家を掃除した時に考えられるトラブル

子供として、ゴミ屋敷となってしまった実家をなんとかきれいにしてあげたいと、上記でお話しした対処法で掃除をしました。

しかし、実家は親の持ち物であるために、あなたは親切で掃除をしてあげたのに、トラブルが発生してしまうこともあるのです。

 

親が捨てられたくなかったものを捨ててしまった

ゴミ屋敷になっていた実家を掃除した時に考えられるトラブルとして、

  • 親が捨てられたくなかったものを捨ててしまった

まずこれがありますね。

 

実家がゴミ屋敷になっている場合、とにかくひたすら掃除して、大量のゴミを捨てなければならないので、とにかく効率よく進めていきたいです。

なので、あなたが掃除するにせよ、業者に任せるにせよ、親には、

「捨てられたくないものは、分かるようにしておいてよ」

と言って、掃除を進めていくことになるでしょう。

 

そしてそのように掃除を進めていたはずなのに、親が、

「なんであれを捨てたんだ、大切にしてたんだぞ!」

なんて怒り出すことがあるのです。

 

捨てられたくない物をしっかり分けなかった親が原因かもしれませんし、不注意で捨ててしまったあなたや業者の責任かもしれませんが、このようなことがけっこうあるのです。

関連記事:父親が大嫌いな理由5つと対処法3選

 

物の配置が変わってしまった

ゴミ屋敷になっていた実家を掃除した時に考えられるトラブルとして、

  • 物の配置が変わってしまった

ということもあります。

 

ゴミ屋敷を掃除してきれいにするわけですから、「物の配置が変わることは当然ある」と普通は理解できます。

しかし実家の親としては、ずっとゴミ屋敷の中で暮らしてきて、そこでのある意味絶妙な配置に慣れてしまっているために、掃除をしてきれいになった家で、今までと物の配置が変わっていたりすると、それがストレスになってしまうことがあるのです。

 

ただし、それにはすぐに慣れるでしょうから、子供としては無視しても問題ないでしょう。

関連記事:親を好きになれない理由9つと解決策3選

 

親のプライドを傷つけた

ゴミ屋敷になっていた実家を掃除した時に考えられるトラブルとして、

  • 親のプライドを傷つけた

これにもぜひ気をつけたいところです。

 

というのは、ゴミ屋敷化した実家を何とかしようと、子供として協力してあげているのですが、その際に、

「親がゴミ屋敷に住んでるなんて、情けないよ・・・」

「ここまでになる前に、もっと掃除はできなかったかね・・・」

「だらしない親を持つと、子供が大変だわ・・・」

このようなことを、子供が思わず上から目線で言ってしまうことがあります。

 

それを聞いた親は、

「うるさい、親に向かってその言い方はなんだ!」

と激怒し、喧嘩になってしまうことがあるのです。

 

特に親の年齢が高齢になればなるほど、プライドが高くなってしまっていることがあります。

なので余計なことは言わず、なるべく親のプライドは傷つけずに、掃除を進めていくようにしてくださいね。

関連記事:両親が嫌いな理由3つと対処法2選

以上、実家がゴミ屋敷になる原因3つと対処法2選、考えられるトラブル3つでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ