家族の中で疎外感を感じる理由5つ

家族の中で疎外感を感じてしまうと、とても寂しい気持ちになりますよね。

そこで今回は、家族の中で疎外感を感じる理由5つについてお話ししていきます。

 

家族の中で疎外感を感じる理由

家族との会話があまりない

家族との会話があまりないようですと、家族の中での疎外感をとても感じます。

家族みんなが家にいても、あまり会話がない状態であれば、あなたから家族に話しかけて、会話を盛り上げていきましょう。

家族はそんなきっかけを待っているだけかもしれませんので。

関連記事:悪口を聞きたくない場合の対処法6選

 

自分だけ知らない話題で家族が盛り上がることが多い

自分だけ知らない話題で家族が盛り上がることが多いと、疎外感を感じてしまいますよね。

その場合、

「何それ?何の話?」

などと会話に入ろうとしてしまうと、それまで家族の会話を盛り下げてしまうことになりかねません。

 

なので、あなたが知らない話題に関しては、一旦聞き役に回りましょう。

そしてのちほど、それをネットなどで調べて内容を理解してから、後日会話に加わるようにしてみてください。

関連記事:仕事の人間関係が辛い場合の対処法6選

 

自分が現れると、家族の会話が止まる

また、自分が現れた時に、家族の会話が止まるようなことがあると、とても疎外感を感じてしまいますよね。

その場合ですが、とりあえず気軽に、

「何の話しをしてたの?」

などと聞いてみるとよいでしょう。

 

もしあなたに聞かれたくない話しでなかったのであれば、話していた内容を教えてくれるでしょうし、あなたに聞かれたくない話しであったのであれば、家族はそのことをごまかそうとするでしょう。

しかし、長い間一緒に暮らしている家族ですので、ごまかそうとした場合は、なんとなく分かりますよね。

 

ただし、あなたに聞かれたくないような話しを家族がするということは、たまにはあるでしょうから、それならそれで、あまり気にしないようにするべきですね。

追及すると、かえって空気が悪くなる可能性がありますので、注意してください。

関連記事:仕事の人間関係が最悪になると陥る3つの状況・5つ原因・対処法3選

 

自分以外の兄弟が、親からひいきされている

自分以外の兄弟が、親からひいきされていると、これも疎外感を感じる大きな理由となってしまいます。

特に兄弟間で、

  • 勉強
  • スポーツ

これらなどの出来・不出来に大きな差はないのに、なぜか自分以外の兄弟だけ親からひいきされていると、

「なんであいつだけひいきされるんだ・・・」

と子供は思ってしまいます。

 

この場合、子供から親にその原因を問いただすということは難しいので、ひいきされていない子供はとにかくストレスを溜めてしまい、親に不信感を抱いたり、親の言うことを聞かなくなったりしてしまいます。

このような子供の変化は、親がしっかり見てあげるべきですし、そもそも親は子供もひいきするべきではないですね。

関連記事:兄弟格差が生まれてしまう理由5つ

関連記事:兄弟差別でよくあるケース6つと対処法2選

 

家族と一緒にいる時間が少ない

仕事や勉強が忙しいなどの理由で、家族と一緒にいる時間が少ないようですと、家族の中で疎外感を感じることがあります。

この場合は、「仕事や勉強が忙しい」という理由があるので仕方がない部分もあります。

 

しかし家族の中で疎外感を感じたくないのであれば、あなたから積極的に家族とコミニケーションを取るようにするべきですね。

家族は忙しいあなたを気遣って、逆にそっとしておいてくれてる場合もありますので。

関連記事:家族と一緒にいるのが辛い場合の対処法5選

 

あなたの思い込みである可能性もある

ここまで、家族の中で疎外感を感じる理由についてお話ししてきましたが、もしかしたら家族の中で疎外感を感じるのは、あなたの思い込みである可能性もありますよ

なので、家族と普通に話しができる状況なのであれば、

「なんか最近、家族の中で疎外感を感じるんだけど、気のせいかな?」

とストレートに聞いてみるとよいですね。

 

あなたの思い込みであったのならそれはそれでよいですし、もしあなたに何か至らない点があってそのような状況になっているのだとしたら、これをきっかけに家族が指摘してくれるかもしれません。

家族としても、当然あなたとはうまくやっていきたいはずですからね。

 

なので、家族の中で疎外感を感じていても、ひとりで悩み、落ち込んでしまうのではなく、現状を解決するためににできることはやっていくべきですよ。

少しだけ勇気を出してみてくださいね。

関連記事:職場の人が冷たい理由4つと対処法4選

以上、家族の中で疎外感を感じる理由5つでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ