人間関係が苦手な人にオススメの仕事7選

人間関係が苦手ですと、営業など頻繁に人とコミニケーションを取らなければならない仕事は厳しいですよね。

そこで今回は、人間関係が苦手な人にオススメの仕事7選についてお話ししていきます。

 

人間関係が苦手な人にオススメの仕事

警備員

人間関係が苦手の人にオススメの仕事といえばまず、警備員が挙げられます。

オフィスビルやショッピングセンターなどの警備をする仕事です。

 

警備員はあまり人との関わりがなく、そこまで重労働でもないので、人間関係が苦手な人にはとても人気のある仕事です。

しいてデメリットを挙げるとしたら、警備の仕事は深夜に行うことも多く、生活が昼夜逆転してしまうので、それが嫌な人にはちょっと厳しいですね。

 

清掃員

清掃員も人間関係が苦手な人にオススメの仕事です。

オフィスビルやショッピングセンターなどでは、上記の警備員さんと同じく、清掃員さんもよく見かけますよね。

 

チームを組んで清掃する場合は、多少の人間関係が発生することもありますが、ひとりで清掃を任せられるようになれば、わずらわしい人間関係は一切発生しません。

この清掃員も警備員と同じく、深夜に仕事を行うことも多いです。

 

工場

人間関係が苦手な人は、工場の仕事を選択することも多いです。

工場の流れ仕事であれば、むしろ仕事中の会話は禁止されるくらいですので、人間関係を気にすることなく、仕事に集中できるでしょう。

ただし工場の仕事は単純作業が続くため、それを苦痛に感じてやめてしまう人も少なくありません。

 

また工場によっては、

  • 重い荷物を延々と運ばされる
  • 怪我をする危険性がある
  • 責任者の性格が悪く、しょっちゅう罵声を浴びせられる

このようなところもありますので注意が必要です。

関連記事:上司が気分屋な場合の対処法3選

 

ドライバー

ドライバーの仕事も、人間関係が苦手な人には人気が高いです。

大型トラックで長距離の荷物も運ぶドライバーもいれば、宅配便のように近距離に何件も荷物を運ぶドライバーもいますが、基本的には配達先に挨拶さえできれば、後はひとり車で乗っていることがほとんどです。

なので、人間関係に関するストレスはほぼないでしょう。

 

ただしドライバーの仕事は、長距離であっても宅配便であっても、重労働であるケースが少なくありません。

なので、体力がないと少し厳しいかもしれませんね。

関連記事:仕事が泣くほど辛い場合の対処法7選

 

プログラマー

そして今、若者に人気のプログラマーですが、この仕事も人間関係が苦手の人にオススメです。

プログラマーは、企業や顧客向けのシステム、またゲームなどのプログラミングをするのが主な仕事です。

 

1日中ひたすらパソコンに向かう仕事ですし、上司や同僚とのやり取りはメールで行うことが多いので、人間関係が苦手な人でも問題なくやっていきます。

ただしプログラマーは高度なスキルを要求されることもありますので、いかにプログラマーとしての実力をつけられるかが大切になってきます。

関連記事:「仕事ができなくて辛い」と悩んでいる理由6つと対処法8選

 

入力業務

そしてこれは正社員よりも、アルバイトや派遣社員の仕事として多いもですが、入力業務は人間関係が苦手な人でもできる仕事です。

パソコンを使って、指示されたデータをひたすら入力していくだけです。

 

「入力業務が自分には合わない」という人にはかなり苦痛な仕事となりますが、入力業務を行うことが苦ではない人であれば、人間関係のわずわしさもなく、1日の達成感もそこそこありますので、とても良い仕事と言えるでしょう。

また現在は、企業が在宅ワーカーに仕事を発注するケースも増えているので、家で仕事をしたい人は、一度詳しく調べてみてくださいね。

関連記事:派遣が辛い原因3つと対処法4選

関連記事:バイトでのストレスを軽くする方法5選

 

農業

そして今、若者で興味を持つ人が増えているのが農業です。

最近は人間関係が苦手な若者が増えているので、そのような若者が農業に憧れ、仕事にしたいと思うことが多くなっているようです。

 

最初はどこかの農家で働かせてもらい、農業を覚えなければならないので、そこでの人間関係が発生しますが、独立してひとりで農業を行えるようになれば、人間関係について気にすることはなくなります。

自然が好きな人には、とても適した仕事ですね。

関連記事:田舎に住みたくない理由6つ

以上、人間関係が苦手な人にオススメの仕事7選でした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ