親を反面教師にしていること9つ

「親には嫌なところがあり、それを反面教師にしている」という人は少なくありませんよね。

そこで今回は、親を反面教師にしていること9つについてお話ししていきます。

 

親を反面教師にしていること

すぐ感情的にならないようにする

親を反面教師にしていることとして、

  • すぐ感情的にならないようにする

これを気をつけている人は多いです。

 

親が短気で、すぐ感情的になり、よく怒られたり、怒鳴られたりした経験のある人は、

「自分は絶対に、このような人間にはならないぞ・・・」

と心に誓い、成長していっている人が多いのです。

すぐ感情的になることで、よいことは何もありませんからね。

 

また中には、

「外ではいつもニコニコしているのに、家族の前だと途端に感情的になる親がとても嫌だった・・・」

こんな経験を持っている人も少なくありません。

関連記事:夫婦になっても敬語を使うメリット4つ

 

自分よりも弱いものに暴力をふるわない

親を反面教師にしていることとして、

  • 自分よりも弱いものに暴力をふるわない

これも心に決めている人も多いです。

上記のように、すぐ感情的になる親も嫌なのですが、さらに暴力をふるってくる親は最悪です。

 

たとえば、何か気に食わないことがあると、すぐ子供に暴力ふるってくる親は、

「子供を愛しているから厳しく育ててるんだ!」

みたいなことを言いますが、子供としてはそんな親から愛情を感じることはなく、ただ辛いだけなのです。

 

また子供への暴力はなくても、たびたび父親が母親へ暴力をふるう光景をよく目撃していた子供は、圧倒的な力を持つ父親には何もできず、ただ事態が収まるのを待つしかなく、非力な自分を責めてしまったこともあるでしょう。

そしてこのような親は、自分よりも力が弱い母親や子供だからこそ、やり返してこないことが分かっているので、一方的に暴力をふるってくるのです。

このような最悪な父親にはなりたくないですよね。

関連記事:父親が大嫌いな理由5つと対処法3選

 

お金の管理はしっかり行う

親を反面教師にしていることとして、

  • お金の管理はしっかり行う

このように思っている人も多いです。

 

両親がいつもお金のことで喧嘩しているのを見てきたり、両親のどちらかが金遣いが荒く、常に生活が厳しい幼少時代を過ごしてきた経験があると、

「お金は大切だから、管理はしっかり行おう!」

このような思いが強くなるのです。

 

また、お金にだらしない親は、大きくなった子供にお金のことで頼ってくることもありますので、そこは冷静に対処したいものですね。

ただ甘やかすだけが、愛情ではありませんので。

関連記事:お金がすぐなくなる人の特徴6つ

 

恋人や結婚相手とのコミニケーションは大切にする

親を反面教師にしていることとして、

  • 恋人や結婚相手とのコミニケーションは大切にする

この思いを持っている人も多いですね。

 

両親の間で全然会話がなかったり、父が仕事で忙しくて、家に帰ったらすぐに寝てしまっていたなど、両親がコミュニケーションを取っている姿をあまり見たことがない子供は、

「これで夫婦と言えるのかな・・・」

このように思ってしまいますよね。

 

そして、

「自分は両親のようではなく、恋人や結婚相手とのコミニケーションを大切にして、仲良くしたい!」

このような理想像をイメージするようになるのです。

もしかしたら、夫婦仲はとっくに冷め切っていたのかもしれませんが、子供にはそのような姿を見せてほしくはないですよね。

関連記事:家族の中で疎外感を感じる理由5つ

 

恋人や結婚相手に対して、えらそうにしない

親を反面教師にしていることとして、

  • 恋人や結婚相手に対して、えらそうにしない

このことを意識している人もいます。

 

これは、いわゆる父親が亭主関白で、母親に対してえらそうに上からものを言っていたことなどに、とても嫌悪感を持っていて、

「自分は恋人や結婚相手とは、対等な関係でいたい」

このように強く思うのです。

 

またこのような父親は、えらそうにしているだけで、

  • 家事
  • 子育て

など家のことは一切していなかったというケースが多く、母親の苦労している姿を見て、より一層父親への嫌悪感を大きくしてしまっていることが多いです。

関連記事:父親が嫌いな理由9つ

 

浮気はしない

親を反面教師にしていることとして、

  • 浮気はしない

これを心に決めている人もいます。

 

両親のどちらかが浮気や不倫をしてしまったことで、家庭がめちゃくちゃになってしまったような場合、

  • 浮気=とても悪いこと

この考えが確立していて、

「自分が絶対に浮気をしない人間子なろう」

と思っているのです。

関連記事:旦那が年下であることのメリット5つとデメリット6つ

 

子供の意見を尊重してあげる

親を反面教師にしていることとして、

  • 子供の意見を尊重してあげる

このように思う人もいます。

 

これは自分が子供のころ、とにかく両親の意見を押し付けられて、自分のやりたいことが全然できなかったという人が、このように思うことが多いです。

子供には子供の人生があるにもかかわらず、親が強烈に意見を押し付けてくることがあるのですよね。

 

もちろん親としては、子供のことを思ってそうしたのだと思います。

しかし子供としては、親の思う通りではなく、自分が思う通りに生きていきたいものなのです。

関連記事:父親が憎い理由9つ

 

夫婦喧嘩を子供に見せない

親を反面教師にしていることとして、

  • 夫婦喧嘩を子供に見せない

これを気をつけようと思ってる人もいます。

 

気に入らないことがあると、子供のことは気にせずに、すぐ夫婦喧嘩をする親は嫌ですよね。

両親の喧嘩を見て、何とも思わない子供はいないのですから。

しょっちゅう両親の喧嘩を見せられて、心が不安定になってしまう子供もいますからね。

関連記事:親を好きになれない理由9つと解決策3選

 

簡単に離婚はしない

そして、親を反面教師にしていることとして、

  • 簡単に離婚はしない

これを強く思っている人もいます。

 

両親の離婚というのは、子供にとっても、とても辛い経験になってしまいます。

また、親が複数回離婚してるような場合は、

「なんでそんな簡単に離婚するの!」

と、親に対して不信感を持ってしまったこともあるでしょう。

 

だからこそ自分は、結婚したら簡単には離婚などせず、幸せな家庭を築きたいと思うのです。

関連記事:共働きに疲れたことで離婚してしまう理由3つと対処法2選

過去は変えられませんので、親を反面教師にできることはぜひそうして、素晴らしい人生を歩んでいってくださいね。

以上、親を反面教師にしていること9つでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ