親と疎遠になりたい場合の対処法4選

正直な思いとして、

「親と疎遠になりたい・・・」

このように思っている人は少なくありません。

そこで今回は、親と疎遠になりたい場合の対処法4選についてお話ししていきます。

 

親と疎遠になりたい場合の対処法

親と離れて暮らす

親と疎遠になりたい場合の対処法として、

  • 親と離れて暮らす

これが一番簡単な方法だと言えますね。

 

親と離れて暮らすようにすれば、勉強や仕事が忙しいなどと理由をつけて、なるべく実家に帰らないようにすることで、親との距離を置くしていくことができます。

そして実際この方法で、親との距離を置いている人はかなり多いでしょうね。

関連記事:親からのトラウマの克服法4選

 

あなたからは連絡しないようにする

親と疎遠になりたい場合の対処法として、

  • あなたからは連絡しないようにする

これも大きなポイントになります。

 

上記のように、親と離れて暮らすようになった場合には、極力あなたの方から親に連絡しないようにしましょう。

これを意識するだけで、だいぶ親との距離が離れていくことを実感できるはずです。

 

そして、どうしても親に連絡をしなければならない際は、メールやLINEで事務的な連絡をするようにした方がよいですね。

電話ですと、

「最近調子はどうなの?」

「ちゃんとご飯食べてるの?」

「何か困ってることはない?」

など聞かれてうっとおしいと思ってしまったり、どうしても話しが長くなってしまう可能性が出てきますので。

関連記事:両親が嫌いな理由3つと対処法2選

 

親との連絡を絶つ

親と疎遠になりたい場合の対処法として、

  • 親との連絡を絶つ

極端ですがこのような方法もあります。

 

親と離れて暮らしているにもかかわらず、

  • ほぼ毎日メールやLINEがが来る
  • いつも留守番電話にメッセージが残されている
  • 折り返しの電話を催促される

このような状況の場合、それに反応してしまったら、親と距離を置くことはなかなか難しくなってしまうでしょう。

 

なんであなたから親には連絡せず、なおかと親の連絡も無視するようにすれば、だんだんと親からの連絡も少なくなってくるはずです。

これくらいしなければならないケースもあるでしょうからね。

関連記事:父親が嫌いな理由9つ

関連記事:母のことが嫌いな理由6つ

 

正直に気持ちを伝える

そして、親と疎遠になりたい場合の対処法として、

  • 正直に気持ちを伝える

これをする必要が出てくるかもしれませんね。

 

というのは、上記の通り親との連絡を絶とうと、

  • あなたから親には一切連絡しない
  • 親からの連絡を無視をする

これを行ったとしても、そう簡単に親からの連絡が途絶えない場合もあるでしょう。

 

その時は正直に、

「これからはひとりでがんばってやっていきたいから、そっちからは連絡しないでほしい」

ということを親にしっかりと伝えた方がよいですね。

 

親としても、そのようにストレートに言われてしまったら、さすがに頻繁に連絡することは控えるようになってくれるでしょう。

このこと電話などで直接伝えるのが難しいようでしたら、メールやLINEで気持ちを正直に伝えてみて下さい。

関連記事:母親との関係に悩んでいる場合の対処法5選

 

本当に親と疎遠になる必要があるのか?

今回は、親と疎遠になりたい場合の対処法についてお話しましたが、最後にひとつ確認したいのは、

  • 本当に親と疎遠になる必要があるのか?

ということです。

 

というのも、今回の対処法を行えば、あなたと親との距離はどんどん離れていくでしょう。

そして親と疎遠どころか、絶縁と言ってよいくらいの関係性にまでなるかもしれません。

 

そのような可能性も踏まえたうえで、本当に親と疎遠になる必要があるのかを改めて考えてみてください。

軽い気持ちだったとしても、親との関係は離していくよりも、元に戻していく方がはるかに大変なこともありますからね。

関連記事:家族と疎遠になってしまう理由7つ

以上、親と疎遠になりたい場合の対処法4選でした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ