節約に疲れた場合の対処法6選

節約することは、とても大切です。

しかし、節約することに疲れてしまって、途中で断念してしまっては、元も子もありませんよね。

そこで今回は、節約に疲れた場合の対処法6選についてお話ししていきます。

 

節約に疲れた場合の対処法

節約の目標を下げる

節約に疲れた場合の対処法として、

  • 節約の目標を下げる

まずはこれを試してみてください。

 

というのも、節約に疲れてしまった理由として、

  • そもそも節約の目標が高すぎて、無理な節約をしてしまっていた

というケースはかなり多いです。

 

なのでたとえば、月3万円の節約を目標にして疲れてしまったのであれば、これからはまず、月1万円の節約を目標にしてみてください。

これまで月3万円の節約を目標にしていたのであれば、月1万円節約はかなり気楽に進められると思いますよ。

 

そして月1万円の節約が当たり前になったら、それから2万円、3万円と増やしていけばいよいわけですから。

決して焦る必要はありませんよ。

関連記事:夫婦で手取り40万の場合の生活費内訳と気をつけるべきこと

 

節約の目標は長期だけではなく、短期も設定する

節約に疲れた場合の対処法として、

  • 節約の目標は長期だけではなく、短期も設定する

これもぜひオススメしたいです。

 

というのも、たとえば、

  • 10年後までに500万円の貯金をする

このような大きな目標を立てることは素晴らしいのですが、この目標だけを意識してしまうと、かなり先の長い話しすぎてリアリティーがなく、日々の節約に関するモチベーションが下がってしまうのですよね。

 

なので、10年後に500万円の貯金をしたいのであれば、

  • 1年間で50万円の貯金をする
  • 1ヵ月3万円の貯金をして、年2回のボーナス時にはそれぞれ7万円ずつ貯金をする

このように、長期の目標から逆算して、短期の目標も設定していくようにすれば、節約のモチベーションを保ちやすいですよ。

 

たまには、がんばっている自分にご褒美をあげる

節約に疲れた場合の対処法として、

  • たまには、がんばっている自分にご褒美をあげる

これもぜひ取り入れたいですね。

 

節約というのは、とにかく我慢することが多くなります。

なので、我慢ばかりずっとしているようですと、やはり節約に疲れてしまうのは当然のことなのです。

 

なのでたまには、いつも節約でがんばってる自分にご褒美をあげてください。

たとえば、

  • 週1回は大好きなお店のスイーツを買って食べる
  • 月に1回は好きなお店でランチをする
  • 節約目標を達成した月は飲みに行く

など、たまたま自分を甘やかしてあげて、節約とのバランスを取っていくようにしましょうね。

関連記事:貯金できない妻の特徴7つ

 

何のために節約しているのかを再確認する

節約に疲れた場合の対処法として、

  • 何のために節約しているのかを再確認する

これを行うことも大切ですね。

 

というのは、そもそも節約は、目的がないと挫折しやすいです。

上記で挙げたような、

  • 10年後までに500万円の貯金する

というような金銭的な目標を立てるのもよいのですが、お金というのはあくまで「手段」です。

お金というのは、何かを買ったり、何かのサービスを受けたりするために必要なものでしかないのです。

 

なので、

  • 節約をしてどうしたいのか

という具体的な「目的」を立てて、それを定期的に確認していきたいのです。

 

具体的には、

  • 節約して車を買う
  • 節約して子供の大学入学の費用にする
  • 節約して来年にハワイに旅行へ行く

など、節約してお金を貯めてどうしたいのかという「目的」がまず大事だということですね。

その目的を定期的に確認することによって、落ちかけていたモチベーションがまた上がってくるはずですよ。

 

結婚していれば、夫婦で協力して節約していく

節約に疲れた場合の対処法として、

  • 結婚していれば、夫婦で協力して節約していく

これも有効ですね。

 

やはり節約生活を送ることはかなり大変なものですので、ひとりでがんばっていても、途中で気持ちが折れてしまうこともあるでしょう。

そんな時、あなたがもし結婚しているのであれば、パートナーと節約目標を共有することで、お互いを励ましあいながら、がんばっていくことができますよ。

 

ちなみに節約というのは、お金が関することなので、

  • 家族
  • 友達
  • 恋人

とは目標などを共有しづらいということがありますが、結婚していれば、夫婦の家計が一緒である場合が多いと思うので、この方法は有効ですね。

関連記事:夫婦が崩壊する原因5つ

 

節約で挫折しても、また再トライすればよい

最後に、節約に疲れた場合の対処法として、

  • 節約で挫折しても、また再トライすればよい

ぜひこのことを覚えておいてください。

 

ここまで何度もお話ししてきましたが、節約は大変です。

粘り強くがんばっていても、時には、

「もう無理だ・・・」

と思ってしまい、節約生活を挫折することもあるでしょう。

 

しかし節約は、何回トライしてもよいのです。

なので一度挫折したとしても、気持ちをリフレッシュすることができたら、またそこから再トライすればよいだけなのです。

 

そして再トライを始めた時は、以前よりも確実に節約が上手くなっていますので、以前よりはもっと長く続けられるはずですよ。

なので節約に疲れた場合は、今回お話ししたような対処法を試してみて、それでもダメなら一旦節約はやめて、気持ちが乗ってきたらまた再トライするようにしてみてくださいね。

以上、節約に疲れた場合の対処法6選でした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ