「仕事ができなくて辛い」と悩んでいる理由6つと対処法8選

仕事ができなくて辛いと悩んでいる人は、想像以上に多くいます。

そしてその理由や、行うべき対処は様々でしょう。

そこで今回は、「仕事ができなくて辛い」と悩んでいる理由6つと対処法8選についてお話ししていきます。

 

「仕事ができなくて辛い」と悩んでいる理由

仕事を理解できていない

仕事ができなくて辛いと思ってしまう場合は、そもそも仕事を理解できていないというケースは多いです。

そのため、何をすればよいのか分からず、先輩や上司に怒られてしまうのです。

 

なので、うまくいかない仕事に関しては、再度先輩や上司に確認をして、理解した上で行うようにしましょう。

関連記事:「専業主婦だったから仕事できない」という人の特徴4つと対処法2選

 

成果の上がらない方法で仕事をしてしまっている

仕事ができるということは、成果が上がる方法で仕事をしているということです。

しかし、逆に仕事ができないということは、成果が上がらない方法で仕事をしてしまっているということです。

 

その方法でやり続けても、一向に成果は上がらないでしょう。

なのでその方法は一旦捨てて、成果の上がる方法で仕事に取り組むべきですね。

 

自信と実力が伴っていない

仕事ができなくて辛くなってしまう場合、自信と実力が伴っていないということもあります。

「仕事ができない」という状況なのであれば、自分の実力不足は認めるべきです。

そして、謙虚な態度で仕事に取り組みましょうね。

 

叱られたくないあまり、実力が出せていない

「先輩や上司に叱られないように」と意識しすぎてしまうと、萎縮してしまって、本来の実力を出せなくなることがあります

そして、仕事ができないという結果になってしまい、結局叱られてしまうという悪循環に陥るのです。

 

なので先輩や上司よりも、まずは目の前の仕事に集中するようにしてくださいね。

関連記事:仕事が泣くほど辛い場合の対処法7選

 

周囲の目を気にしすぎてしまう

また先輩や上司以外でも、同僚など周囲の目を気にしすぎてしまうと、空回りしてしまうことがあります。

しかしそんな周囲の目を気にするよりもまず、やるべき仕事をしっかりやることが大切ですよ。

関連記事:仕事の人間関係が辛い場合の対処法6選

 

まだ努力が足りない

あなたは努力をしているかもしれません。

しかし会社で評価されるのは、努力や仕事の過程ではなく、結果なのです。

そしてそれは、先輩や上司など他者が評価するのです。

 

また、「努力している」ということを口にする人ほど、周囲と比べて実はあまり努力をしていないことが多く、また他者からの評価も低いことが多いようです。

なので、仕事ができないということは、まだまだ努力が足りないと言えるかもしれませんよ。

関連記事:営業に疲れた理由4つと対処法3選

 

「仕事ができなくて辛い」と悩んでいる場合の対処法

現状を冷静に見直してみる

仕事ができなくて辛い状態に陥ってしまっている場合、まずは現状を冷静に見直してみましょう

具体的には、

  • 現在どのような仕事をしているのか?
  • どの仕事ができていないのか?
  • なぜその仕事ができないのか?
  • 逆にできている仕事はあるのか?

このようなことを、できれば紙などに書き出してみましょう。

そうすることで、現状をしっかり理解することが必要です。

関連記事:会社でのストレスが限界だという場合の対処法8選

 

できている仕事には自信を持つ

現状を見直した結果、できている仕事はありましたか?

もしできている仕事があったのであれば、そのことには自信を持ってください

 

そうしないと、できない仕事にばかりフォーカスを当ててしまい、

「なんでこんなに仕事ができないだろう・・・」

と辛くなってしまい、さらに仕事ができなくなってしまうという悪循環に陥ってしまいます。

しかしできている仕事があって、そのことに自信を持っていれば、それがモチベーションアップの要因となり、他の仕事にも良い作用をもたらすことがあります。

 

仕事にかける時間を増やす

それでは次に、できていない仕事に関してです。

上記の通り現状分析をした結果、

  • 人よりも仕事に時間がかかるので、仕事ができないということになってしまう

ということが分かったとします。

 

その場合は、意識して仕事にかける時間を増やすようにしましょう。

例えば、これまでより30分~1時間早く出社して、仕事をスタートするのもよいでしょう。

また残業をするのもひとつです。

 

仕事ができなくて辛いと悩む人の多くは、

「出社は始業時間ギリギリで、帰りはできるだけ早く帰りたい」

なんて思ってしまっていることが多いようですが、それは仕事ができるようになってから考えましょう。

もちろん仕事の種類にもよりますが、多くの仕事は時間をかければ、しっかりと行えることが多いですよ。

 

チェックリストを作る

仕事ができない理由が、

  • 仕事のミスが多い

という場合。

その場合は、ミスを減らそうと意識しても、なかなかできないことも多いでしょう。

そこでおススメなのが、チェックリストを作ることです。

 

たとえば、1日の仕事をチェックリスト化します。

そして作成したチェックリストに従って仕事を進め、できたものはチェックを付けていってださい。

そうすれば、チェックリストの漏れがない限り、仕事でのミスは激減するでしょう。

 

ちなみにチェックリストは、紙であっても、スマートフォンのメモやアプリを使ってもよいです。

とにかくあなたが使いやすいもので作成するようにしてくださいね。

アナログな方法ですが、効果は高いですよ。

 

トイレなどで冷静になる時間を作る

仕事をしていれば、行き詰ったり、先輩や上司に怒られたりして、自分の仕事のできなさを痛感し、辛くなることもあるでしょう。

その場合は、一旦冷静になるために、場所を変えましょう

ちなみにトイレは、ひとりになれますのでオススメです。

 

数分程度でよいのでひとりの時間を作り、冷静になって気分を切り替えてみてください。

もしオフィスの外をちょっと散歩できるようであれば、それもよいですね。

外の風景を眺めながら歩くだけで、けっこうリフレッシュできるものですよ。

関連記事:仕事中に寝る人がやるべきこと9選

 

1日の仕事を振り返る時間を作る

そして1日の仕事が終わったら、その人の仕事を振り返る時間を作ってください

そして、

  • その日に行った仕事の内容
  • その日できた仕事
  • その日できなかった仕事
  • うまくいったこと
  • 失敗したこと

などを、これもまだできれば、紙などに書き出すようにしてください。

 

そしてこれを元に、上記でご紹介したチェックリストのブラッシュアップを行えば、翌日の仕事はより効率的に行うことができます。

仕事が終わった後に1日の仕事を振り返るというのは、少々面倒に感じるかもしれませんが、時間にすれば5~10分程度のものです。

そしてこれは、仕事ができなくて辛いという状況の変えるために重要なことですので、ぜひ実践してみてくださいね。

 

できなかった仕事や失敗の原因と対処法を考える

そして、

  • その日できなかった仕事や失敗したこと

これらについては、なぜそうなってしまったのかという原因と、今後どのようにして対処していけばよいかを考えていきましょう。

 

原因を究明して対処がしっかりできれば、次に同じ失敗を繰り返す可能性は減っていきます。

そしてしっかり対処することによって、仕事ができるようになっていくのを実感できるでしょう。

なのでここには、しっかり向き合っていくべきですよ。

関連記事:「仕事が辛い」と新人が思う理由9つと対処法7選

 

その日できた仕事やうまくいったことに対して自分を褒める

そして最後に、

  • その日できた仕事
  • うまくいったこと

ここにフォーカスを当てて、自分を褒めてあげてください

 

仕事ができなくて辛いと感じるのは、

  • 周囲のできる社員と自分を比べてしまう
  • 先輩や上司から怒られて、そう思わされている

このどちらかである場合がほとんどでしょう。

 

しかし、あなたにはできている仕事もあるはずなのです。

全く仕事ができないわけではないのです。

そしていきなり、完璧に仕事ができるようになることはありません。

なので、地道に少しずつ成長していくしかないのです。

 

なので、その日できた仕事やうまくいったことに対して、自分を褒めてあげて、明日は今日より少しだけでも、さらに成長できるようがんばっていきましょう。

決して焦る必要はありませんよ。

関連記事:だらしない嫁への対処法5選

 

「仕事ができなくて辛い」と思っているのはあなただけではない

もし、仕事ができなくて辛いと思っていて、今の仕事が自分に合っていないと感じるのであれば、転職もひとつの選択肢でしょう。

自分に合った仕事であれば、楽しく仕事ができますし、成長も早いでしょう。

 

しかし、どんな仕事にも辛いことはあります。

そして想像以上に多くの人が、「仕事ができなくて辛い」と悩みながらも、歯を食いしばって仕事をしています

 

なので、ぜひ今回ご紹介した対処法を参考にしていただいて、まずは今の職場でがんばってみることをオススメします。

以上、「仕事ができなくて辛い」と悩んでいる理由6つと対処法8選でした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ