仕事中に耳栓はしてもよい?その他集中する方法4選

仕事中に周囲の話し声がうるさかったりですとか、もっと仕事に集中するために、耳栓を使いたいと思うことがあるますよね?

そこで今回は、仕事中に耳栓はしてもよいのか、またその他集中する方法4選についてお話ししていきます。

 

仕事中に耳栓はしてもよい?

上司の許可を得られれば問題ない

まず、「仕事中に耳栓はしてもよいのか」ということについてですが、これは上司の許可を得られれば問題ないということになるでしょう。

職場ですでに耳栓をして仕事をしている人がいれば、まず問題なく許可を得られるでしょうし、職場を見渡してみて、耳栓をしている人がいなくても、

「どうしても周囲の話し声が気になることが多いので、耳栓を使わせてください」

と上司にお願いすれば、許可を得られる可能性はありますよ。

 

ただし耳栓をつけることによって、あなたが仕事に必要な要件で話しかけられた場合に、それに反応することができず、仕事に支障をきたす可能性もあります。

それを懸念されて、上司から許可を得られない場合も考えられますね。

その場合は、下記の方法で仕事に集中するようにしてみてください。

 

耳栓を使わずに仕事に集中する方法

イヤホンをする

耳栓を使わずに仕事に集中する方法として、イヤホンをするという方法があります。

もし、あなたが耳栓をしてることを知らない人が仕事の用事で声をかけてきた時に、反応できなかったら仕事に支障をきたすという理由で耳栓を使うことを反対された場合、イヤホンであればコードが付いているので、周囲からイヤホンをしているということは分かりやすいです。

 

またイヤホンをつけることで、周囲の音を耳栓ほどではないかもしれませんが、多少はシャットアウトすることもできますからね。

そして可能なのであれば、単純作業する時などにイヤホンで好きな音楽を聴いて、気分を乗せて進めていくこともできます。

ただし、「耳栓はダメだけど、イヤホンはOK」というケースは、かなり少ないのが現状でしょうね。

 

こまめに休憩を取る

耳栓を使わずに仕事に集中する方法として、こまめに休憩を取るというのもひとつですね。

そもそも人間は、長時間集中力を持続させることができません。

なので、休憩なしでずっと仕事を続けていると集中力が低下してしまい、さらに周囲の雑音によってイライラしてしまうのです。

 

そこで、

  • トイレに行く
  • ドリンクを飲む
  • オフィスの周りを少し歩く

などの休憩をこまめに取るようにしてみてください。

その都度リフレッシュして、仕事に臨むことができるようになりますよ。

 

自分が仕事に集中できる時間帯を知る

耳栓を使わずに仕事に集中する方法として、自分が仕事に集中できる時間帯を知るということも重要なことですね。

たとえば、あなたは午前中の集中力が高いのであれば、1日に行うべき仕事の中で集中力の必要なものは、とにかく午前中に持ってくるようにするわけです。

逆に午後からは、雑用など頭を使わない単純作業を多くするなど、バランスを取っていきましょう。

 

もちろん人によっては、「仕事が終わる1時間くらい前からモチベーションが上がってくる」なんていう人もいるでしょうから、まずは自分が仕事にできる時間帯を知って、それに合わせて仕事を調整していくようにしましょう。

これをすることで、だいぶ仕事の効率性は変わってきますよ。

 

うるさい人には上司から注意をしてもらう

耳栓を使わずに仕事に集中する方法として、うるさい人には上司から注意をしてもらうということが必要になるなるケースもあるでしょうね。

職場でいつもうるさい人がいて、その人のせいで仕事に集中できずになかなか仕事が手につかないようであれば、上司から注意してもらうことでうるさい人には静かにしてもらうようにしましょう。

 

もしうるさい人が後輩なのであれば、あなたから注意することもできるかと思いますが、どのような立場の人であっても、上司から注意してもらったほうが確実ですし、安全です。

もしあなたが注意して、突っかかってこられても、面倒ですからね。

上司というのはある意味、こういう時のためにいるのですから、ぜひ力を貸してもらいましょう。

以上、仕事中に耳栓はしてもよい?その他集中する方法4選でした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ