心配されたくないこと3つと心配されて嬉しいこと

人に心配されてうれしいこともありますが、あまり人には心配されたくないこともけっこうありますよね。

そこで今回は、心配されたくないこと3つと心配されて嬉しいことについてお話ししていきます。

 

心配されたくないこと

仕事・勉強

まず、

  • 仕事・勉強

これに関して心配されたくないという人は多いですよね。

 

自分なり一生懸命がんばってるのですから、

「最近、仕事の調子が悪いみたいだね」

「勉強、あまりうまくいってないの?」

なんて心配はされたくないのです。

 

特に、男性の場合はプライドが高いですから、

  • 彼女

などには、仕事や勉強ができる自分を見せたいと思うものです。

なのに仕事や勉強のことを心配されてしまったら、なんだかダメ男に見られているみたいで、プライドが傷ついてしまうのです。

関連記事:「人生、もういいかな」と思う時5つと対処法

 

食生活

次に、

  • 食生活

についても心配されたくないという人が多いですね。

 

たとえば、

「健康のために、バランスよく食事をしたほうがいいよ」

なんて親切で言ってくれる人がいますが、ある程度の年齢になったら、食事は自分の食べたいものを食べたいのです。

 

そして、食生活についてあれこれ言われるなんて、なんだか子供みたいで嫌ですし、普段は多少食生活に気をつけている中で、たまたまジャンクフードを食べたり、暴飲暴食をしただけでそんなこと言われても、

「うるさいな・・・」

と思ってしまうだけなのです。

関連記事:一人暮らしで食費を月2万円以内に抑えるコツ8選

 

将来

そして、

  • 将来

について心配されるのが嫌がる人も多いですよね。

 

たとえば親に、

「将来についてちゃんと考えてるの?」

なんて言われてしまうと、自分なりには考えていても反発心から、

「うるさいな!」

などと言い返してしまい、将来のことについては話しをしたくなくなってしまいます。

 

また将来について真剣に悩んでいる時に、周囲の人から心配されたとしても、

「自分の将来は自分で決めたい、放っておいてくれ・・・」

という気持ちになってしまうのです。

関連記事:40代派遣社員の将来はどうなるのか?実態4つと正社員になるためにやるべきこと2つ

関連記事:将来が怖いと思う場合の対処法3選

 

人の心配は「余計なお世話」であることが多い

ここまでお話ししたことを踏まえると、基本的には、

  •  人の心配は「余計なお世話」であることが多い

ということなのです。

 

親が子供を心配したり、恋人や結婚したパートナーのことを心配する気持ちはよく分かるのですが、逆の立場になって考えてみてください。

身近な人あっても、あれこれ心配されるとイライラしたり、ストレスが溜まったりしてしまいませんか?

 

そして、もし誰かの力を借りて解決したい心配事があれば、自分から相談するものです。

なので身近な人のことが心配であっても、その人からの相談があるまでは、声をかけたい気持ちをグッと抑えて、我慢するようにしてください。

それがその人のためですので。

関連記事:家族と一緒にいるのが辛い場合の対処法5選

 

体調に関する心配は、されると嬉しい

上記でお話しした通り、基本的には人の心配というのは、「余計なお世話」であることが多いです。

ただし、人から心配されて嬉しいケースもあります。

それが、

  • 体調が悪い時

です。

 

体調が悪い時に、

「大丈夫?」

とひと言声をかけられるだけで、けっこう嬉しいですよね。

 

なぜ嬉しいかといえば、それは体調不良によって弱っているからでしょう。

肉体的に弱っている時は、精神的にも弱ってしまっていることが多いので、そんな時に身近な人が心配してくれて、優しい言葉をかけられると、とても嬉しいのです。

普段は心配されたくないのに、体調が悪い時は心配されて嬉しいなんて、人間はとても勝手な生き物ですよね。

 

なので身近な人への心配は、体調が悪い時は積極的に声をかけてあげて、それ以外の時は我慢して見守ってあげるようにしてください。

また心配している人から何か相談された場合には、ぜひ力になってあげてくださいね。

関連記事:後悔しない生き方6つ

以上、心配されたくないこと3つと心配されて嬉しいことでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ