ため息がうるさい人への対処法5選

会社や学校などで、「ため息がうるさい人」という人がいますよね。

そのため息が気になって仕方がないこともあるでしょう。

そこで今回は、ため息がうるさい人への対処法5選についてお話ししていきます。

 

ため息がうるさい人への対処法

耳栓などをして聞こえないようにする

ため息がうるさい人への対処法としてはまず、耳栓などをしてため息を聞こえないようにするという方法があります。

会社で問題がないのであれば、耳栓のほかに、

  • イヤホン
  • ヘッドフォン

これらをすることで聞こえてくる音をシャットアウトすれば、ため息も気にならなくなってくるでしょう。

 

ただし、聞こえてくる音をシャットアウトしてしまうと、

  • 先輩や上司からの呼びかけが聞こえない
  • 電話が鳴っても聞こえず、出られない

などの支障が出ることもありますので、気をつけてくださいね。

関連記事:職場で独り言がうるさい人への対処法4選

 

「何かあったのか」と聞いてあげる

また、ため息がうるさい人への対処法として、

  • 「何かあったのか」と聞いてあげる

この方法もあります。

 

具体的には、

「さっきからため息ばかりついていますけど、何かあったんですか?」

という感じで聞いてあげることで、遠回しにため息のことを指摘するのです。

これで我に返って、ため息を気をつけるようになってくれる人もいますよ。

 

ただし、

「実はね・・・」

というように、そこからその人がため息の原因になっている悩みを話し始めてしまう可能性もあります。

なので、それに付き合うことができないのであれば、この方法は避けた方が無難ですね。

関連記事:愚痴ばかり言う友達への対処法5選

 

メモなどで伝える

ため息がうるさい人には、そのことを直接伝えることが一番効果的です。

しかし、直接「ため息がうるさい」ということを伝えるのは、少し角が立ちますよね。

そこで、ため息がうるさいということを、メモなどで伝えてみてください

 

その人には、メモを使ってくれたあなたの心遣いが伝わるでしょうし、なかなかこのようなメモをもらうことはないので、

「自分のため息で迷惑かけちゃったな・・・」

と反省し、場合によっては直接そのことを謝ってくれるようなこともあるでしょう。

関連記事:バイトでのストレスを軽くする方法5選

 

怒りながら指摘する

ため息のうるさい人は、自分の世界に入ってしまっているため、ため息が周囲に迷惑をかけていることに気づいていない場合も多いです。

また、メモなどで優しく指摘してもため息が一向に改善されず、ストレスが溜まってしまい限界に近づきそうな場合は、

「あなたのため息がうるさくて、(仕事や勉強に)集中できません!」

怒りながら指摘すると、効果は大きいですよ。

 

それくらい言わないと分からない人もいますからね。

ただしため息がうるさい人というのは、変な性格である場合も多いです。

なので、あなたがその人にため息のことを怒りながら指摘したことで、その人があなたに逆恨みをして、その後トラブルに発展しないよう、充分気をつけてください。

関連記事:新人の仕事が遅い場合の対処法4選

 

気持ちが分かる場合はそっとしておいてあげる

ため息のうるさい人がいて、その人のため息は気になります。

しかし、その人がため息をつく原因が、なんとなくでも分かる時がありますよね。

 

たとえば、

  • その人には荷が重すぎる役割を与えられた
  • 仕事や勉強が全然うまくいっていない
  • 上司や先生に思いっきり怒られていた

などの理由があって、その気持ちが分かる場合は、あえてそっとしておいてあげるというのも優しさですよ。

その場合、時間が経てばため息はなくなることが多いですからね。

関連記事:兄弟喧嘩の対処法4選

 

ため息というのは、ネガティブな印象があるものなので、できれば耳にしたくないものです。

なのでため息がうるさい人には、ぜひ今回ご紹介した方法を参考に対処してみてくださいね。

以上、ため息がうるさい人への対処法5選でした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ