単身赴任で妻のストレスが大きくなっている場合の対処法4選

夫が仕事の都合で、どうしても単身赴任しなければならなくなりました。

そして最初はなんとかなると思っていたのに、想像以上に妻のストレスが大きくなってしまうということがあります。

そこで今回は、単身赴任で妻のストレスが大きくなっている場合の対処法4選についてお話ししていきます。

 

単身赴任で妻のストレスが大きくなっている場合の対処法

こまめに連絡をし合う

単身赴任で妻のストレスが大きくなっている場合は、改めて夫婦お互いにこまめに連絡をし合うように話し合いましょう。

夫の単身赴任についていければよかったのですが、妻の仕事の都合であったり、子供の生活環境などを考えて、夫以外はそのままの家に残ることになるということはよくあるケースです。

 

そしてなんとかなるとは思っていたものの、実際に夫が単身赴任に行った後の生活は、想像以上に大変で、ストレスがどんどん溜まってしまうことは多いのです。

もし夫と一緒に住んでいれば、夫の仕事終わりに話しを聞いてもらうことでストレス解消ができるのですが、夫が家にいないためにそれができません。

 

また、

「話しを聞いてほしいけど、単身赴任で疲れているから、夫に連絡するのは悪いかな・・・」

と妻が思ってしまい、夫への連絡を我慢することでストレスをさらに大きくしてしまうと、のちのち大事になりかねません。

 

なので、単身赴任する当初も話しをしたかもしれませんが、夫の方から、

こちらの都合は考えず、どんどん連絡していいよ!

と妻に伝えてください

そして夫からも、できるかぎり連絡してあげてください

 

とにかくこまめに連絡し合うのです。

そして、妻のたわいのない話しを、とにかく聞いてあげてください。

それで妻のストレスは、大分軽減されるはずですよ。

また、こまめに連絡し合っていれば、あなたが単身赴任先で女性問題などを起こす心配も少なるでしょうから、そういう点でも妻は安心できますね。

 

子供と父親のコミュニケーションもこまめに取る

子供がいる場合は、夫の単身赴任によってひとりで子育てをしていることで、妻のストレスが大きくなっている可能性があります。

母親ひとりでの子育ては、大変すぎますからね。

なので単身赴任をしていても、子供と父親のコミュニケーションもこまめに取るようにしてください

 

具体的には、妻とこまめに連絡を取る際、なるべく子供がいる時間にも電話をしてください。

そして少しでもよいので、子供と話すようにしてください。

 

子供は恥ずかしがって、話したがらないかもしれません。

しかしそこは、

「お父さんがどうしても話したいから、ちょっとだけでも話そう!」

と多少強引にでも、子供と話しをするようにしましょう。

 

そういう父親の愛は、子供に伝わるものです。

そしてそのような協力的な夫を見て、妻も気がラクになるのです。

また、何か子供が悪いことをしたのであれば、電話でしっかりと叱ってあげてください。

母親に叱られるより、父親に叱られた方が子供には効き目がありますからね。

 

単身赴任で離れて暮らしていてもいても、父親であることには変わりはありません。

だからこそ、妻を通して子供の様子を知るだけではなく、夫が子供と直接コミュニケーションを取ることで、子供との関係性をしっかり作っていきましょう。

 

我慢できない時は会うようにする

単身赴任先からこまめに連絡をして、妻や子供と密なコミュニケーションを取っていても、やはり妻のストレスはどんどん溜まっていってしまうこともあるでしょう。

そのストレスの原因が夫に会えない寂しさで、もう我慢できないほど状態なのであれば、ぜひ妻の元へ会いに行ってあげてください

また逆に、妻や子供がいつでも会いに来てよいことを、しっかり伝えておきましょう

 

頻繁に電話をしていても、妻としては、今まで一緒に暮らしていた夫が家にいないというのは寂しいものです。

いつも一緒にいたいと思って結婚した夫と、単身赴任で離ればなれになったことは、やはり寂しいものなのです。

 

そして子供がいたとしても、料理がうまくできた時は夫に褒めてほしいですし、髪型を変えた時には、

「きれいだね!」

と夫には言ってほしいのです。

そして休日には、家族で一緒に出掛けて、楽しい時間を過ごしたいのです。

 

経済的な問題などで、頻繁に単身赴任の夫と家族が顔を合わせることは難しいかもしれません。

しかし、単身赴任先と自宅の中間辺りで会うなどする方法もありますよね。

子供もちょっとした旅行気分で喜ぶかもしれませんよ。

 

とにかく、夫は単身赴任でがんばっているからといって、妻が我慢をしすぎてしまっては、妻の気持ちが折れてしまいます。

なので寂しい時には、多少無理をしても会うようにしてあげてくださいね。

 

それでも我慢できなければ、単身赴任先に家族で引っ越す

ここまでお話ししてきた対処法を実践しても、妻のストレスは解消されず、むしろ寂しさがどんどん大きくなってしまい、もう限界に達しそうであれば、夫の単身赴任先に家族で引っ越すということを前向きに検討してみてください。

 

夫の単身赴任先に家族で引っ越すのは、簡単なことではありません。

もし妻が仕事をしていたら、それを辞めなければいけなくなるでしょう。

子供がいれば、転校をしなければいけないこともあるでしょう。

家族からすると、知らない土地で生活することへの不安もあるでしょう。

 

しかし、そのような不安や悩みも、家族全員揃っていれば解決できるのではないでしょうか?

第一に、夫の単身赴任先に家族で引っ越すことによって、妻のストレスが解消されるだけでも、実行する価値はありますよね。

逆に、今の状態を続けていくことで妻のストレスが限界に達し、妻が壊れてしまったら、取り返しのつかないことになります。

 

なので、家族のこれからの幸せについて十分考えて、結論を出すようにしてください。

家族の幸せが一番ですので。

以上、単身赴任で妻のストレスが大きくなっている場合の対処法4選でした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ