共働きで家事までやることに疲れた場合の対処法3選

共働きで、さらに家事まで自分がやることに、もう疲れてしまっていませんか?

そこで今回は、共働きで家事までやることに疲れた場合の対処法3選についてお話ししていきます。

 

共働きで家事までやることに疲れた場合の対処法

夫婦で明確に家事の分担を決める

共働きで、さらに家事のほとんどまでやっているというのは、妻の方であるケースが多いです。

共働きを始めた時は、なんとなく家事を分担していたのに、夫は毎日帰りが遅く、妻の方が帰りが早いということで、なんとなく妻の方に家事の分量が多くなっていき、気づいたら朝のゴミ出しすらも、夫がやらなくなったということもあるでしょう。

 

そして現在、働いてさらに家事までやることに疲れてしまっている状態ですので、これは非常にまずいですよね。

なので、夫婦で改めて話し合い、明確に家事の分担を決めましょう

 

そしてここでのポイントとして、

  • あなた働いて、さらに家事までやることに疲れてしまっている

この現状を夫婦でしっかり共有することです。

そして結果的に、あなたの家事負担は今までよりも軽くならなければいけないということです。

 

そうしなければ、あなたのストレスはいずれ爆発し、離婚問題にまで発展しかねません。

そこまで踏まえて、夫婦でしっかり話し合ってみてください。

関連記事:共働きなのに家事しない夫への対処法7選

 

家事で手を抜けるところは手を抜く

そして夫婦で家事の分担が決まったら、手を抜けるところは手を抜きながら、あなたが担当の家事を行っていきましょう。

たとえば、

  • 掃除は休みの日のみ行う
  • 疲れた日の夕食は出前かコンビニ
  • 洗濯は洗濯機のキャパシティぎりぎりまで溜めてから一気に行う

など、手を抜けるところは手を抜いて、とにかく家事のストレスを少なくしていきましょう。

 

仕事で手を抜くということはなかなか難しい部分もありますよね。

なのでその分割り切って、家事は手を抜いていきましょう。

関連記事:家事と育児をしながらの仕事に疲れた場合の対処法4選

 

実家や代行サービスの助けを借りる

そして、共働きで家事もしなければいけない女性がけっこう頼っているのが、実家です。

実家のお母さんに、たまに家を掃除してもらったり、洗濯をお願いしたり、子供の保育園のお迎えに行ってもらったりなど、助けてもらっているケースは多いです。

なのであなたも、実家のお母さんに頼れる状況であれば、甘えてみるのもひとつですよ。

 

またお金はかかりますが、代行サービスを利用するという手もあります。

現在は、

  • 掃除
  • 洗濯
  • 料理

などの家事を行ってくれる代行サービスはいくつもあります。

なので、家計と相談しながら利用していければ、大分家事の負担は軽くなりますよ。

 

また買い物も、わざわざスーパーに行かずとも、ネットスーパーで購入すれば自宅まで届けてくれますし、他の買い物もアマゾンや楽天でほぼ買えないものはありません。

なので使えるものはどんどん使って、できる限りあなたの家事への負担を軽くするようにしてみてくださいね。

以上、共働きで家事までやることに疲れた場合の対処法3選でした。

関連記事:家事が好きだという人が実践している方法5選

サブコンテンツ

このページの先頭へ