友達がいない場合、結婚式はどうするべき?6つのパターン

友達がいないと、結婚式をどうすべきか悩みますよね。

そこで今回は、友達がいない場合、結婚式はどうするべき?6つのパターンについてお話ししていきます。

 

友達がいない場合、結婚式はどうするべき?

身内だけの結婚式にする

友達がいない場合、

  • 身内だけの結婚式にする

まずこのパターンが考えられます。

身内だけの結婚式にすれば、友達を呼ぶ必要はありませんので、友達がいない人も安心して結婚式を挙げられますよね。

 

しかし女性の場合、

  • 結婚式を挙げて、たくさんの友達に祝ってもらいたい

という人が多いので、身内だけの結婚式を嫌がる新婦さんは多いかもしれませんね。

関連記事:友達がいない男は結婚式をどうするべき?4選

 

海外で結婚式を挙げる

友達がいない場合、

  • 海外で結婚式を挙げる

というパターンもあります。

海外で結婚式を挙げれば、海外までの旅費はかかりますし、ある程度まとまった休みを取らなければならないので、友達が出席することはかなり難しいでしょう。

 

また、もし友達が結婚式に来てくれるのだとしても、本当に仲の良い友達に2,3人でしょうから、

  • 新郎の友達:0人参加
  • 新婦の友達:3人参加
  • あとは両家の身内のみの参加

このようなパターンになっても、バランス的には特に問題ありませんよね。

 

フォトウェディングのみにする

友達がいない場合、

  • フォトウェディングのみにする

このようなパターンもあります。

 

フォトウエディングであれば、

  • 新郎・新婦のふたりだけ
  • 新郎・新婦+身内だけ

大抵はこのどちらかのパターンでの写真撮影だけになりますので、友達がいないことを気にする必要は全くありません。

 

またフォトウェディング費用は、通常の結婚式の10分の1以下になることが普通です。

なので、

  • 経済的に結婚式を挙げることが難しい
  • 結婚に反対されていて、結婚式を挙げたとしても身内の参加が難しい

このような場合などは、フォトウェディングの選択肢も考えてみてください。

 

代行サービスを使う

友達がいない場合、

  • 代行サービスを使う

最近はこのようなケースも増えているようです。

 

何の代行サービスかと言いますと、結婚式に出席してくれる代行サービスというものがあるのです。

具体的には、たとえば新郎に友達が全然いなくて、結婚式を挙げたくても、新郎・新婦の友達の人数バランスが取れないことがありますよね。

 

そんな時に、代行サービスにお願いすることで、新郎の友達として結婚式に参加してもらうことができるのです。

5人でも10人でも、お金さえ払えば、新郎の友達になりきって結婚式に参加してくれます。

 

「そこまでして結婚式を挙げる必要あるの・・・」

と思うかもしれませんが、結婚式というのは、新郎・新婦当人同士だけのものではなく、両家の親の意向などによって、どうしても挙げざるをえない状況もあるのです。

そのような場合に、友達がいなくてどうしようもないのであれば、代行サービスの利用も検討してみるべきですね。

 

ウエディングプランナーに相談してみる

友達がいない場合、結婚式はどのようにするべきか、

  • ウエディングプランナーに相談してみる

これもひとつです。

ウェディングプランナーさんは、これまで様々なパターンの結婚式を見てきたでしょう。

 

その中では、友達がいなくて結婚式をどうしようか悩んでいたカップルも少なくなかったはずです。

なので、ウェディングプランナーさんに友達がいないことを素直に告白し、その上で結婚式はどうすればよいか相談してみると、良い提案をしてくれる可能性がありますよ。

 

結婚式は挙げない

そして、友達がいない場合は、

  • 結婚式は挙げない

というパターンももちろんあります。

 

できちゃった婚であったり、経済的な理由から、結婚式を挙げていない夫婦はけっこういるものです。

なので新郎・新婦のどちらか、または両方に友達がいなくて、両家の親も納得してくれるようであれば、結婚式を挙げないということも、けっして悪いことではありません。

 

とにかく、新郎・新婦にとって一番良い形にするべきなので、まずはふたりでじっくり話してみてくださいね。

関連記事:長男が結婚しない理由5つ

以上、友達がいない場合、結婚式はどうするべき?6つのパターンでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ