長男なのに親とは同居しない場合のメリット2つとデメリット4つ

長男ではあっても、「親とは同居したくない」と思う人はたくさんいますよね。

そこで今回は、長男なのに親とは同居しない場合のメリット2つとデメリット4つについてお話ししていきます。

 

長男なのに親とは同居しない場合のメリット

親に夫婦関係を邪魔されることがない

長男という立場であっても、親と同居をしなければ、夫婦ふたりだけの生活を送ることになります。

なので、親に夫婦関係を邪魔されることがないということは、大きなメリットのひとつですよね。

 

特に妻の立場では、いわゆる嫁姑問題が起きるとかなりのストレスになってしまいます。

しかし夫の親と同居していなければとその心配もなく、楽しい夫婦生活を送ることができますよね。

 

逆に長男の親と同居してしまうと、妻としては義理の親にかなり気を使うことになって、ストレスから夫婦関係がこじれてしまうこともあるでしょう。

このように夫婦関係を第一に考える長男は、親と同居しないことを選ぶことが多いです。

関連記事:似た者同士が夫婦になりやすい理由4つ

 

自立した家庭を作ることができる

長男なのに親とは同居しなければ、経済的にも精神的にも自立した家庭を作っていけます

これをメリットだと感じる人も多いですね。

「一家の主として自立した家庭を作っていきたい!」

このように思う夫は、今の時代にもまだまだいますからね。

 

親と同居してしまうと、何かと親が口を出してきたり、時には金銭的に親に甘えてしまったりなどして、結婚したというのになかなか自立できない場合も多いでしょう。

しかし親と同居しなければ、夫婦で力を合わせて、様々な問題を乗り越えていくことになりますので、より夫婦の、そして子供もいれば家族の絆も深まってきますよね。

関連記事:夫婦で手取り40万の場合の生活費内訳と気をつけるべきこと

 

長男なのに親とは同居しない場合のデメリット

親からの経済的な支援を当てにできない

長男なのに親とは同居しないわけですから、親からの経済的な支援は当てにできないと思った方がよいです。

正直なところ、このことをかなりのデメリットに感じる人は少なくないのですよね。

 

特に結婚するまでは、事あるごとに親の金銭的な支援を受けてきたような人は、妻の意向で同居しないことを決めた途端に、

「もうお金に関しては、私たちを当てにしないでね」

と親から言われてしまうと、かなりのショックを受けてしまうでしょう。

 

親からの金銭的な支援を当てにして将来設計をしていたのであれば、大幅な変更を余儀なくされますからね。

場合によっては妻を説得して、親と同居をすることにして、経済的な支援をお願いするということもあるでしょう。

関連記事:共働きに疲れたことで離婚してしまう理由3つと対処法2選

 

妻の印象が悪くなる

長男なのに親とは同居しない場合、「長男が結婚したら同居できる」とばかり思っていて親からすると、

「お嫁さんのせいで、長男との同居がなくなった」

このように思ってしまい、妻の印象が悪くなるということがあります。

 

印象が悪くなるだけならまだしも、「大切な長男を奪われた」という敵対心する抱く親すらいて、それが嫁姑問題につながることも多いわけですね。

「親と同居しない」ということは長男の意向であったとしても、親としてはそうは思いたくないわけです。

 

「長男ではなくお嫁さんのせい」だと思い込みたいということもあるのですよね。

ここに関しては、妻がいくら話しても、長男の親が理解してくれることはないでしょうから、妻が長男の親に嫌われることは覚悟しなければなりませんね。

関連記事:義理の親との同居を解消したい場合の対処法5選

 

同居していなくても、親の介護は苦労する

長男なのに親とは同居していないと、お話ししてきました通り、

  • 親からの経済的な支援は当てにできない
  • 妻の印象が悪くなる

ということがあるのですが、「親の介護をしなくてよい」というわけではないのですよね。

 

長男の親の介護が必要になった場合、同居していなかったとしても、長男とその妻は当然介護に協力することになり、同居していない分、長男の親の実家に度々通ったり、時には泊まりで介護をするなど、苦労も多くなります

 

親の介護をし始めると、実家に帰ることが大変になり、

「こんなことなら親と同居しておけばよかった・・・」

と思うこともあるでしょう。

関連記事:義理の親とは同居したくない理由と回避方法3選

 

親と疎遠になることがある

そして、長男なのに親とは同居しなかったことがきっかけで、親と疎遠になるということもあります。

特に同居するか・しないかの話しでかなり揉めてしまった場合は、家族だからこそ溝が深まってしまうことがあるのです。

 

長男が親と同居するかしないかは、妻と親の意向をしっかり聞いて、もし双方の意見が食い違っている場合、最悪どちらかと縁が切れたとしても、大切な方の意見を取る気持ちが長男には必要になってきます。

大きな決断となりますが、それが長男の宿命というものですね。

関連記事:家族と疎遠になってしまう理由5つ

以上、長男なのに親とは同居しない場合のメリット2つとデメリット4つでした。

サブコンテンツ

このページの先頭へ